イベント・セミナー詳細

一般 専門家 生産者 青少年

平成28年度 中国四国地域マッチングフォーラム -効果的な鳥獣被害対策の定着に向けて-
(締切10/31まで延長!)

情報公開日:2016年10月 6日 (木曜日)

中四国MFチラシ

申込専用フォームはこちら https://pursue.dc.affrc.go.jp/form/fm/naro132/2016mf2

趣旨

中山間地域の多い中国四国地域においては、シカ、イノシシ、サルなどの野生鳥獣による農林水産業被害が深刻化・広域化してします。鳥獣被害は農業経営に影響を与えるだけでなく、生産意欲の減退や耕作放棄地の増加といった問題も引き起こしています。そこで、農研機構西日本農業研究センターをはじめとする関連機関の取組を紹介し、意見交換を通して、関係者のマッチングを図るフォーラムを開催します。

第1部の講演会では、農研機構で鳥獣被害対策技術の開発研究に取り組む研究者をはじめ、地域の最前線で技術指導に取り組む各層の関係者から取組を紹介していただきます。

第2部のパネルディスカッションでは「被害対策の現場指導のあり方と今後の課題」をテーマにして関係者の生の声を引き出して、今後の現場への対策技術のさらなる普及と定着を促進します。

また、県の協力を得て実施してきた指導者向けの鳥獣被害対策技術指導研修会の効果や問題点も踏まえた意見交換を行います。

※鳥獣被害対策技術指導研修会の開催状況(平成23年度~27年度)

平成23年度 鳥取県・愛媛県

平成24年度 和歌山県・高知県

平成25年度 香川県

平成26年度 徳島県

平成27年度 広島県

開催日時

平成28年11月10日(木曜日)13時15分~17時(12時15分 受付開始)

開催場所

松江市総合文化センター プラバホール 大会議室

(松江市西津田町6丁目5番44号 TEL:0852-27-6000)

参加費

無料

対象

生産者、地方自治体の農業行政・普及担当者、国(農林水産省、他省庁など)の行政担当者、生産者団体・民間企業などの関係者、試験研究機関関係者など

募集定員

150名(定員になり次第、申し込みを締め切ります。)

主催・協賛・後援

主催:農林水産省大臣官房政策課技術政策室、農研機構西日本農業研究センター

協賛:農林水産省中国四国農政局

後援:島根県、特定非営利活動法人中国四国農林水産・食品先進技術研究会

開催内容

(講演会・ポスターセッション・パネルディスカッション)

受付開始 12:15

開会挨拶 13:15-13:25

第1部 講演(プラバホール 大会議室) 13:25-15:55

●被害対策の考え方

農研機構西日本農業研究センター 上級研究員 上田 弘則

●田舎伝説を考える

農研機構西日本農業研究センター グループ長 江口 祐輔

●被害対策技術の普及定着へ向けた現場の心得

島根県美郷町産業振興課 安田 亮

●鳥取県における日野郡鳥獣被害対策実施隊の取り組み

鳥取県日野郡鳥獣被害対策協議会 木下 卓也

●広島県におけるモデル集落事業等での取り組み

広島県 農林水産局 農業技術課 角川 文教

●島根県における鳥獣対策専門員の取り組み

島根県中山間地域センター 主任研究員 澤田 誠吾

第2部 パネルディスカッション 16:00-16:55

-被害対策の現場指導のあり方と今後の課題-

(司会)農研機構西日本農業研究センター 江口 祐輔

(パネリスト)講演者5名

NPOさともん 鈴木 克哉

山口大学 細井 栄嗣

閉会挨拶 16:55-17:00

農林水産省 中国四国農政局

※閉会後に、パネリストによる個別相談対応を行います。(30分程度)

参加申込み

平成28年10月31日(月曜日)までに、申込専用フォーム(上記)から申込みいただくか、申込用紙をダウンロードしてご記入の上、メール、FAXなど(下記)でお申し込み下さい。

お問合せ

農研機構西日本農業研究センター 産学連携室 長﨑裕司(ながさきゆうじ)

E-mail:こちらへ

TEL:084-923-5231 FAX:084-923-5215

法人番号 7050005005207