イベント・セミナー詳細

一般 専門家 生産者

平成28年度農研機構シンポジウム「菌根:リン酸肥料を減らせる根の秘密」(11月8日開催)

情報公開日:2016年10月 5日 (水曜日)

趣旨

アーバスキュラー菌根菌(AM菌)と呼ばれる微生物を上手に活用することで、大豆などでリン酸施肥量を3 割削減できることが明らかになってきました。このAM菌の農業利用について、生産者、行政・普及担当者、民間企業、研究者等が、意見・情報交換を行うシンポジウムを開催します。AM菌はどこの土にもいる土壌微生物の仲間です。植物の養分吸収、特にリン酸の吸収を促進することで知られています。この菌がついている根をアーバスキュラー菌根と呼び、そこでは植物と微生物の共生関係が成り立っています。

本シンポジウムでは、AM菌を農業で活用していくための技術について、これまで農研機構が中心に行ってきた研究成果を紹介するとともに、今後どのようなことが期待できるのか、また、肥料節減以外にもどのような研究が必要なのかについて議論します。

日時

平成28年11月8日(火曜日) 14時00分~17時00分(受付開始13時30分~)

場所

とかちプラザ 2F レインボーホール(北海道帯広市西4条南13丁目1)

主催

農研機構 北海道農業研究センター

後援

北海道、北海道立総合研究機構農業研究本部、日本土壌肥料学会北海道支部、NPO法人グリーンテクノバンク

対象

生産者(生産者団体を含む)、行政・普及機関、関係研究者、関係団体・企業、消費者その他関心のある方

参加費

無料

参加定員

200名

申込締切

平成28年10月28日(金曜日)

参加申し込み・問い合わせ先

〒062-8555 札幌市豊平区羊ヶ丘1番地
農研機構 北海道農業研究センター 産学連携室

TEL:011-857-9212、FAX:011-859-2178、E-mail:kita-semi(at)ml.affrc.go.jp

※メール送信の際は(at)を@に置き換えて下さい。

法人番号 7050005005207