イベント・セミナー詳細

一般 専門家 生産者 青少年

第13回東北農研市民講座「ドローンの農業への本格的な活用が始まった」

情報公開日:2017年4月27日 (木曜日)

話し手

関矢 博幸 ( せきや ひろゆき )
生産基盤研究領域 栽培技術グループ 上級研究員

日時

平成29年6月3日 (土曜日) 9時30分~10時30分

講演概要

いま話題のドローン。農業への本格的な活用が始まりました。今回は、発展の著しい「マルチローター (複数の回転翼をもつ無人航空機)」 などのドローンの農業利用について紹介します。近年の技術開発により農業分野でもドローンが身近なものとなり、空撮による作物のセンシング (計測) や農薬撒布機などが実用化されています。そこで、ドローンの農業利用の現状と、仙台平野の震災復興事業で行われている約6haの超巨大区画水田でのドローンを用いた調査事例などをお話しします。また、操縦の模擬体験や、 (天候がよければ) 屋外でドローンの飛行デモを行います。

定員

50名   (事前申込みが必要です)
どなたでも参加できます (小学生以下は保護者同伴)。
ただし希望者多数の場合は先着順とさせていただきます。

場所

農研機構東北農業研究センター   北辰興農閣研修室
(岩手県盛岡市下厨川字赤平4)

参加費

無料

お茶やコーヒーをご用意します。気楽にご参加下さい。

参加申込み、問合わせ先

6月1日 (木曜日) までに、住所、氏名 (ふりがな)、電話番号をお知らせ下さい (できればメールで)。
< 電話またはFaxで申し込みの場合はできるだけ平日の9時~17時にお願いします >
QR code

農研機構 東北農業研究センター 企画部産学連携室 広報チーム

メール: www-tohoku@@naro.affrc.go.jp
(このアドレスはコピー&ペースト後に@を一つ削除してから使用してください)
電話: 019-643-3573 ファックス: 019-643-3588
法人番号 7050005005207