イベント・セミナー詳細

一般 専門家 生産者 青少年

第14回東北農研市民講座「気候変動に備える - 将来、作物の生育や収量はどのように変わるか -

情報公開日:2017年5月31日 (水曜日)

話し手

長谷川 利拡 ( はせがわ    としひろ )
生産環境研究領域 農業気象グループ長

日時

平成29年7月1日 (土曜日) 9時30分~10時30分

講演概要

CO2濃度上昇など温室効果ガスによる温暖化や異常気象等の気候変動は、作物の収量や品質に大きな影響を与える可能性があります。その影響は、作物の品種や 栽培管理の方法によっても違ってくることから、今後の気候変動に対応するには、将来の作物生産に与える影響を予測するとともに、収量や品質の低下を回避するための技術開発が必要です。今回は、気候変動に対する農業研究の最近の取り組みを中心に取り上げ、将来の作物生産がどう変わるかをご紹介します。

定員

50名   (事前申込みが必要です)
どなたでも参加できます (小学生以下は保護者同伴)。
ただし希望者多数の場合は先着順とさせていただきます。

場所

農研機構東北農業研究センター   北辰興農閣研修室
(岩手県盛岡市下厨川字赤平4)

参加費

無料

お茶やコーヒーをご用意します。気楽にご参加下さい。

参加申込み、問合わせ先

6月29日 (木曜日) までに、住所、氏名 (ふりがな)、電話番号をお知らせ下さい (できればメールで)。
< 電話またはFaxで申し込みの場合はできるだけ平日の9時~17時にお願いします >
QR code

農研機構 東北農業研究センター 企画部産学連携室 広報チーム

メール: www-tohoku@@naro.affrc.go.jp
(このアドレスはコピー&ペースト後に@を一つ削除してから使用してください)
電話: 019-643-3573 ファックス: 019-643-3588
法人番号 7050005005207