イベント・セミナー詳細

専門家 生産者

水田里山畜産利用コンソーシアムセミナー 「畑作的飼料生産体系による低コスト粗飼料生産と高収益水田作経営モデルの展開-WCS用稲乾田直播とトウモロコシの多収栽培技術を素材に-」開催のご案内

情報公開日:2017年6月14日 (水曜日)

畜産利用による水田の有効活用と飼料及び家畜生産の国際競争力の強化が喫緊の課題となるなかで、飼料生産コストの低減および水田作経営の発展につながる、飼料生産のあり方が模索されています。平成28年度補正予算「経営体強化プロジェクト」『水田里山の畜産利用による中山間高収益営農モデルの開発』では、水田里山畜産利用コンソーシアムを形成し、水田圃場の特質を踏まえつつ、WCS用稲の乾田直播栽培技術、トウモロコシの安定多収栽培技術の開発に取り組んでいます。さらに、これら技術の水田作経営体への導入による、国産粗飼料の増産やコスト低減、経営体の規模や収益性への影響についてもシミュレーションを実施しています。

本研究セミナーは、生産圃場を視察しつつ、これまでに得られた研究成果などを紹介し、飼料作を基幹部門とする今後の水田作経営や、耕畜連携のあり方などについて議論を深めることを目的に開催します。

開催日時

平成29年7月20日(木曜日)13時~17時
(受付:12時30分~、JA岡山藤田支所)

会場

現地圃場(藤田地区)、室内セミナー(JA岡山藤田支所2階大会議室)

内容

1.転作水田におけるトウモロコシの多収安定栽培技術について(圃場見学を含む)
岡山県農林水産総合センター 鳥家 あさ美
西日本農業研究センター 望月 秀俊
(有)カーライフフジサワ 藤澤 輝久

2.WCS用稲専用品種の乾田直播栽培技術について(圃場見学を含む)
西日本農業研究センター 藤本 寛
(有)カーライフフジサワ 藤澤 正光

3.岡山県におけるトウモロコシ生産の推進と実績、課題
岡山県農林水産総合センター 森山 靖成

4.水田作経営における最適な飼料作経営モデル
西日本農業研究センター 千田 雅之

5.総合討論

参集範囲

農林水産省、府県行政普及指導機関、農業生産者、水田里山畜産利用コンソーシアムメンバー、その他主催者の認めた者

その他

1)JR岡山駅より会場まで送迎バスを運行します。
(岡山駅西口バス乗降場:12時出発、17時30分頃解散)
2)会場のJA岡山藤田支所には駐車場がありますので、乗用車で直接会場にお越しいただいても構いません(会場受付開始12時30分)。
3)研究会終了後、情報交換会を開催します(岡山駅周辺、受付で案内)

参加申込

セミナー出席申込書により、平成29年6月30日(金曜日)までに下記申込先あて、メール、FAX、または郵送でお申し込みください。

〒721-0975 広島県福山市西深津町6-12-1
西日本農業研究センター 営農生産体系研究領域 千田雅之、友國宏一
FAX:084-924-7893、 E-mail:こちらへ(友國)

法人番号 7050005005207