イベント・セミナー詳細

生産者

平成29年度現地検討会のお知らせ: 食料生産地域再生のための先端技術展開事業 「土地利用型営農技術の実証研究」

情報公開日:2017年6月21日 (水曜日)

東日本大震災からの復興を目的とした本プロジェクトの成果について、生産組織と普及関係機関を対象に、実証圃場の視察と技術に関する意見交換を行う現地検討会を開催します。

日時

平成29年7月19日 (水曜日) 9:00~16:00

場所

  • (有) 耕谷アグリサービス 名取市下増田耕谷265-2
  • (農) 林ライス 岩沼市押分字北土手81-4
  • 名取市文化会館 小ホール 名取市増田字柳田520

主催

農研機構東北農業研究センター

内容

  1. 現地見学 (9:00~12:00)
    • 集合時間: 8:50
    • 集合場所: 名取市文化会館 駐車場
    • 見学先: (有) 耕谷アグリサービス、(農) 林ライス
      • 貸切バスで移動します。
      • 昼食はイオンモールなどで各自お取り下さい。
  2. 講演会 (13:00~16:00)

    会場: 名取市文化会館 小ホール

    1. プロジェクトの概要説明
    2. 実証成果の紹介および意見交換
      • プラウ耕乾田直播2年3作のGPS自動操舵を導入した機械化体系

        農研機構東北農業研究センター 長坂善禎

      • 5.8ha巨大区画圃場におけるプラウ耕乾田直播の実証試験

        農研機構東北農業研究センター 冠秀昭

      • 収量コンバイン等ICTを用いた大区画圃場の収量安定化技術

        農研機構東北農業研究センター 関矢博幸

      • 代かき回数を減らした鉄コーティング湛水直播

        農研機構東北農業研究センター 白土宏之

      • 3年4作輪作体系の意義と大規模経営導入

        宮城県古川農業試験場 吉田修一

      • キャベツ機械化一貫体系の導入と援用技術の開発

        農研機構東北農業研究センター 山本岳彦

      • タマネギの機械化栽培のポイントと技術実証

        宮城県農業・園芸総合研究所 澤里昭寿

      • 先端技術の導入効果と経営管理システムによる経営改善

        農研機構東北農業研究センター 宮路広武

    3. 総合討議

定員

50名
ただし希望者多数の場合は先着順とさせていただきます。

参加費

無料

参加申込み・お問合せ

農研機構東北農業研究センター 生産基盤研究領域 大谷隆二

電話: 019-643-3483 ファックス: 019-641-7794
電子メール: rotani@@affrc.go.jp
(このアドレスはコピー&ペースト後に@を一つ削除してから使用してください)

参加申込み〆切:7月5日 (水曜日)

※ 所定の申込み票に必要事項をご記入のうえ、電子メール添付もしくはファックスでお申込ください。

法人番号 7050005005207