イベント・セミナー詳細

専門家 生産者 企業

産学官連携に向けた農研機構の新品種・新技術説明会(第2回) 開催概要

情報公開日:2017年6月27日 (火曜日)

農研機構は、当機構の研究成果にご関心のある方々に向けて、研究者自らがプレゼンテーションを行う説明会を開催し、研究成果の社会実装を目指します。
今回は、畜産と飼料作物をテーマにポスター展示及びセミナーを開催します。

日時

平成29年7月18日(火曜日) 13時00分~16時30分 (12時30分受付開始)

場所

AP秋葉原 (東京都台東区秋葉原1番1号 秋葉原ビジネスセンター)
4階Hルーム(講演)、I+Jルーム(ポスターセッション)

定員

60名
お申し込み多数の場合は、立席やセミナー会場に入れない可能性がありますことをあらかじめご了承願います。また、お詰め合わせでのご着席にご協力願います。
参加費無料

プログラム

12時30分 受付開始
13時00分~14時50分 講演(5件)
15時00分~16時15分 ポスターセッション(計10件)
16時30分 終了

講演内容

13時00分 開会
13時10分 「乳肉用牛の栄養管理に有効な新規木質系素材の利用」
畜産研究部門 家畜代謝栄養研究領域 代謝・微生物ユニット
主席研究員 櫛引史郎
13時30分 「ゲノム編集技術をニワトリに応用した新規家禽産業の創出に向けた取り組み」
畜産研究部門 家畜育種繁殖研究領域 有用遺伝子ユニット
上級研究員 田上貴寛
13時50分 「DNAマーカー育種による豚抗病性改善への取り組み」 生物機能利用研究部門 動物機能利用研究領域 動物生体防御ユニット
ユニット長 上西博英
14時10分 「農研機構畜産研乳酸菌ライブラリーの活用」
畜産研究部門畜産物研究領域 畜産物機能ユニット
ユニット長 鈴木チセ
14時30分 「Cattle Infoについて」
食農ビジネス推進センター プロジェクトプランナー 山根逸郎
(以上講演のタイトルは仮です)

ポスターセッション

講演5課題に加えて

  • 転作田での栽培に適するライグラス類の新品種
    東北農業研究センター 畜産飼料作研究領域 飼料生産グループ
    主任研究員 久保田明人
  • -公共牧場の活性化に向けて-クラウド型GISを利用した草地管理支援システム
    畜産研究部門 草地利用研究領域 山地放牧ユニット 主任研究員 北川美弥
    草地利用研究領域 草地管理ユニット ユニット長 井出保行
  • いもち病抵抗性を強化したイタリアンライグラス新品種
    「Kyushu 1(キュウシュウワン)」
    九州沖縄農業研究センター 畜産草地研究領域 飼料作物育種グループ
    上級研究員 荒川明
  • 堆肥化過程臭気を低減する低コスト堆肥脱臭システムの高度化
    九州沖縄農業研究センター 畜産草地研究領域 畜産環境・乳牛グループ
    主席研究員 田中章浩
  • 早生で耐倒伏性が強く茎葉多収の稲発酵粗飼料用水稲新品種たちはやて
    次世代作物開発研究センター 稲研究領域 稲育種ユニット ユニット長 石井卓朗

(以上ポスターのタイトルは仮です).

申込先・お問い合わせ:

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
食農ビジネス推進センター 連携推進室 荒平、小泉、野口
Tel:029-838-7698・8935 Fax:029-838-7842
E-mail:joint_research@naro.affrc.go.jp

* 参加申込書に必要事項をご記入の上、上記メールアドレスへファイル添付又はFaxにてお送りください。
お申込み締切日時:平成29年7月14日(金曜日)12時00分
当日は、受付用・名札用としてお名刺を2枚ご用意ください。

交通アクセス

  • JR各線・つくばエクスプレス
    「秋葉原駅」中央改札口より徒歩約5分
  • 東京メトロ日比谷線
    「秋葉原駅」2番出口より徒歩約5分
  • 東京メトロ銀座線
    「末広町駅」1番出口より徒歩約5分
  • 都営新宿線
    「岩本町駅」A3出口より徒歩約8分
法人番号 7050005005207