イベント・セミナー詳細

専門家

雑草イネ国際シンポジウムの開催について

情報公開日:2017年7月21日 (金曜日)

1. 趣旨

中課題41804「外来雑草や除草剤抵抗性等新規難防除雑草の総合的雑草管理技術の開発(略称:雑草管理)」の研究推進に係る国際シンポジウムを開催する。 近年、水稲栽培における雑草イネの発生が世界的に報告されており、その雑草害は年々増加傾向にある。特にアジア地域では欧米より新しい雑草問題と認識されており、直播栽培の増加が主要因であるとされている。しかし、アジア地域では移植栽培でも雑草イネの発生が報告されており、日本国内における発生の大部分は移植栽培である。雑草イネは直播栽培普及の阻害要因になることはもちろんのこと、移植栽培においても大きな脅威となりつつある。本シンポジウムでは雑草イネ研究の情報交換ならびに今後の国際ネットワーク構築を目的として、1)雑草イネの由来・起源、2)種子休眠性、3)防除技術に関する講演会を行う。

2.開催日時

平成29年9月19日(火) 13:30~17:00

3.開催場所

京都リサーチパーク(京都府京都市下京区中堂寺南町134)

4.開催内容

英語(同時通訳はありません)

6.プログラム

Opening remarks Tokio Imbe, President of NARO(農研機構理事長 井邊時雄)

  • Chair: Chie Goto, CARC/NARO(農研機構中央農業研究センター 後藤千枝)

"Use of artificial ultrasounds for moth pest management"
Ryo Nakano, NIFTS(農研機構果樹茶業研究部門 中野 亮)

"Biological control: Challenges and opportunities in a changing agricultural world"
Johannes Jehle, Julius Kühn-Institut

  • Chair:Masayuki Ishikawa, NIAS(農研機構生物機能利用研究部門 石川雅之)

"Global Food Security: Science, Technology and Social Responsibility"
Roger N. Beachy, Washington Univ.

"Race differentiation of tomato fungal pathogen Cladosporium fulvum in Japan"
Yuichiro Iida, NIVFS(農研機構野菜花き研究部門 飯田祐一郎)

  • Chair:Jun Ohnishi, NIVFS(農研機構野菜花き研究部門 大西 純)

"Conservation biological control in field vegetable crops"
Kazuro Ohno, Univ. of Miyazaki(宮崎大学農学部 大野和朗)

"Sustainable Resistance in Tomato and Future Management of the Western Flower Thrips and Tomato Spotted Wilt Virus"
Diane E. Ullman, Univ. of California at Davis

  • Chair:Shinya Tsuda, CARC/NARO(農研機構中央農業研究センター 津田新哉)

"Lessons from biotic and abiotic stress studies"
Yuichiro Watanabe, Univ. of Tokyo(東京大学大学院 渡邊雄一郎)

"Government-Agribusiness relationships: developing strong networks with growers and industry for a stable agricultural research environment in the 21st Century"
James W. Moyer, Washington State Univ.

Closing remarks Akira Hasebe, Vice-President of NARO(農研機構理事 長谷部亮)

5.参加申込み(参加費無料)

参加申込みフォームは8月中旬に公開予定

法人番号 7050005005207