イベント・セミナー詳細

専門家 生産者 企業

平成29年度第2回 農研機構植物工場研修会

情報公開日:2017年9月21日 (木曜日)

『平成29年度第2回 農研機構植物工場研修会』

生産現場への技術普及をめざした植物工場の展開

先端技術開発の現状と実践的植物工場事例の紹介

共催: 一般社団法人 日本施設園芸協会

本研修は、現在進行中の次世代植物工場拠点事業の円滑な進行および事業展開に資する情報交換および議論の場とします。現在、日本各地で大規模施設園芸が展開し始めています。その具体的な目標達成に向けたポイントを共有し、全国的な展開に向けて総合的な技術のレベルアップを図りたいと思います。今回の研修では、オランダと連携し、植物工場事業を展開する民間会社、すでに50t/10aの高品質トマト生産を達成した企業等から、実践的な取り組みについても紹介していただきます。

開催日時

開催日: 12月7日(木曜日)
講演会および見学会: 13時00分~17時00分

開催場所

講演会: 農研機構 第1研究本館 1階 (大会議室)
見学会: 農研機構つくば植物工場

プログラム内容

開会挨拶と趣旨説明: 13時00分~13時05分

1 講演会(発表時間、質疑応答含む)

13時05分~13時50分 「日東紡の植物工場事業」 和久井 賢
(日東紡績株式会社)
13時50分~14時35分 「オランダの植物工場事情」~The Latest Horticultural Information in Holland~ MaartenCoelen(Grodan)通訳あり(予定)
(14時35分-14時50分) (休憩)
14時50分-15時35分 「次世代拠点におけるイオンアグリの取り組み」 髙橋 寛
(イオンアグリ創造(株) )
15時35分~16時20分) 「国産大玉トマト50t/10aを達成したIGHの取り組み」 鈴木邦典
(イノチオホールディングス(株)事業開発部)

2 植物工場見学会

16時20分~17時00分 農研機構 植物工場見学会(移動時間含む)

終了、解散

(注意) 講演タイトルは若干変更になる可能性があります。

受講費

無料

参加申し込み

参加申し込み締め切り: 11月20日(月曜日)

メール件名「つくば植物工場研修参加」で、参加者氏名・所属・役職(複数の場合には全員の名前を記載)・代表者連絡先(メールアドレスと電話番号)を記載し、pftsukuba_semi@ml.affrc.go.jp宛にメールで送付して下さい。
ただし、会場の都合上先着80名までの受付となりますのでご了承下さい。
なお、定員をオーバーした場合のみお断りの連絡をさせていただきます。(連絡がなければ参加受付となります。)

アクセス方法

(注意) 駐車場は、充分にありませんので、なるべくバス等をご利用下さい。

つくバス「農林団地中央」下車、徒歩5分

農研機構 第1研究本館 1階 大会議室

バス停からの道案内図

詳しくは「アクセス」をご覧ください。

法人番号 7050005005207