イベント・セミナー詳細

一般 専門家 生産者

飼料生産新技術・品種見学会

情報公開日:2017年9月28日 (木曜日)

1.開催趣旨

飼料生産新技術・品種見学会 現在、農研機構九州沖縄農業研究センターでは「暖地における地域分業型大規模肉用牛繁殖システムの確立」の一環として暖地の多様な作期、土壌に対応した飼料作物の栽培・利用技術を開発し、コントラクターやTMRセンターと連携した地域分業型の肉用牛繁殖システムを推進する技術の開発に取り組んでいる。その中で新しい特性を有する飼料作物新品種、不耕起栽培技術等を活用した暖地のコントラクター向けの効率的飼料生産体系については現地実証段階にあり、鹿児島県大隅地域で実証試験に取り組んでいる。
そこで、普及活動の一環として、コントラクターや普及関係者を対象に新品種や不耕起栽培の生育状況を見学するとともに、品種・技術の特徴を紹介する現地見学会を実施し、今後の展開について意見交換を行う。

2.開催日時

平成29年10月27日(金曜日) 13時30分~17時00分

3.開催場所

農業生産法人(株)きもつきアグリ(飼料生産コントラクター)圃場
(鹿児島県肝属郡肝付町新富)
高山温泉ドームやぶさめ館(室内検討)
(鹿児島県肝属郡肝付町新富5590-35、TEL:0994-31-5199)

4.参集範囲

農業生産者、普及関係者、行政関係者、大学、農研機構研究機関

5.内容

1)やぶさめ館 集合13時00分 (貸し切りバス、自家用車にて移動)
2)線虫対抗エンバク圃場の見学
3)いもち病抵抗性イタリアンライグラス品種とエンバクの夏播き混播栽培圃場の見学
4)省力多収作付け体系実証圃場の見学
(移動)
5)室内検討(14時30分から)
・暖地の春播き栽培に適したエンバク品種
・暖地の7月(梅雨明け)播種に適応したソルガム品種
・いもち病抵抗性イタリアンライグラス品種を活用したエンバクとの夏播き混播栽培
・飼料作物の不耕起栽培技術
・新技術・品種の導入効果
・質疑応答・意見交換
6)解散 17時00分

6.参加申込み・問い合わせ先

*「参加申込み」は別紙に記入の上、10月20日(金曜日)までに下記宛FAXまたはE-mailでお申し込み下さい。
九州沖縄農業研究センター 畜産草地研究領域 飼料生産グループ
TEL/FAX:096-242-7627
E-mail:ih4111@affrc.go.jp

法人番号 7050005005207