イベント・セミナー詳細

一般

学習会「みんなで考えよう!! 毎日食べている食品や農産物の品種は、どうやって生まれているの?」~従来の品種改良からゲノム編集まで~

情報公開日:2017年10月16日 (月曜日)

開催概要

毎日食卓にあがり、私たちが食している身近な食品や農産物。でも、どれもはじめはとても食べられた物ではなかった野生の生き物。そこから少しずつ遺伝子を変化させながら、または良い遺伝子を持っているもの同士を合わせながら、現在のようなおいしい食材が生まれてきています。
今回の学習会ではこれまでの食材が生まれてきた道をたどると共に、新たな品種改良技術として注目されているゲノム編集について、「これまでの品種改良と比べて、どこが同じでどこが違うのか?」参加される皆さんにわかりやすく解説しながら、わからないところについても答えていきます。

開催日時

平成29年12月11日(月曜日) 19時~21時

開催会場

全国婦人会館 2階 会議室
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-17-14

主催

公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)農研機構

講師

農研機構 生物機能利用研究部門 上級研究員 小松 晃

モデレーター

NACS 蒲生 恵美

参加費

無料

定員

50名

法人番号 7050005005207