イベント・セミナー詳細

専門家 生産者 企業

農研機構「カンキツ新技術・新品種研修」(2018年度)公開講義開催のお知らせ

- 第1回公開講義「高品質生産のための水分生理とマルドリ方式による水分管理技術」 -

情報公開日:2018年3月28日 (水曜日)

1.開催趣旨

カンキツ産地の競争力強化のために、革新的な技術の実用化と体系的な産地への導入が必要です。そのためには、新技術導入を主導する担い手の育成が不可欠であり、農研機構で開発している新技術・新品種に関する研究成果に加え、カンキツ栽培・営農の基礎となる知識や技術を総合的かつ体系的に習得できる2年間のカリキュラムによる研修を実施することとしています。この研修については、講義の一部を広く公開することとしております。第1回については下記の要領で講義を公開いたしますので、お知らせいたします。

2.開催日程

2018年4月25日(水曜日) 9時00分(受付開始 8時45分)~16時45分
2018年4月26日(木曜日) 9時00分(受付開始 8時45分)~12時00分

3.場所

しらはまビーチホテル 会議室(受付場所)

〒859-2502 長崎県南島原市口之津町甲2829番地1
TEL: 0957-86-3030

4.公開講義の内容

カンキツ栽培において最適なかん水管理を行うため、土壌水分状態や葉からの蒸散量の簡易指標を活用しながら、少量多頻度かん水による制御で高品質生産を行う技術の最新の研究開発状況を紹介するとともに、産地におけるマルドリ方式導入の取組み事例を紹介する。さらに、マルドリ方式設備の設置方法を圃場で確認しながら理解を深める。

4月25日(水曜日) 午前 講義(しらはまビーチホテル)

  1. 最適なかん水管理を行うための土壌水分状態の簡易指標とカンキツ栽培での活用

    9時00分~10時30分

    農研機構西日本農業研究センター 黒瀬 義孝

  2. 葉からの蒸散量の多寡を簡易に評価するための簡易指標と少量多頻度かん水による樹体の水分状態の制御

    10時45分~12時15分

    農研機構西日本農業研究センター 星 典宏

  3. 試験地圃場見学

    13時40分~16時45分

  • マルドリ施設の見学と設置法・使用法の解説
  • 試験地土壌の解説
  • 簡易土壌水分測定装置の見学と設置法・使用法の解説
  • 樹体の水分状態の解説
  • 気温データ自動収集装置見学
  • 意見交換(講義室)

    16時45分バスにて移動 17時00分しらはまビーチホテル着・解散

#午前の講義は途中からの聴講も可能ですが、午後の見学の中途参加はご遠慮ください。
午後から参加の方も、しらはまビーチホテルで受付をお願いします。

4月26日(木曜日) 午前

  1. 三重県の極早生へのマルドリ方式導入の取組み

    9時00分~10時30分

    三重県農業研究所紀南果樹研究室 須崎 徳高

  2. 総合討論

    10時45分~11時15分

    農研機構九州沖縄農業研究センター
    九州沖縄果樹研究調整監 根角博久

5.募集人数

20名程度(先着順)

6.参加申込

下記宛て、添付様式により電子メールでお申し込みください。なお、しらはまビーチホテルに宿泊希望の方は、相部屋になりますが別紙でご希望をお知らせください。但し予約状況によっては、ご希望に添えない場合もあります。その他近隣の宿泊施設(原城温泉真砂、小浜温泉等)をご希望の方はご自身で施設に直接ご予約ください。

申込締め切り

平成30年4月10日(火曜日)

申込先メールアドレス

naro-knt@ml.affrc.go.jp
注:メール送信の際は、上記アドレス の全角@を半角に変換して送信願います。

問い合わせ先

農研機構九州沖縄農業研究センター産学連携室
TEL:096-242-7512
FAX:096-242-7543

法人番号 7050005005207