イベント・セミナー詳細

専門家 生産者 企業

農研機構「カンキツ新技術・新品種研修」(2018年度)公開講義開催のお知らせ

情報公開日:2018年5月31日 (木曜日)

第2回公開講義「減農薬防除の基礎と輸出に対応した病害虫防除」

1.趣旨

農研機構「カンキツ新技術・新品種研修」では、その講義の一部を広く公開することとしております。第2回については、減農薬による合理的な農薬防除や輸出に対応した病害虫防除の考え方を中心として、その基礎と最新の知見を紹介するとともに、食の安全や環境保全を推進する農業生産工程管理手法(GAP)についての研修を行うこととしており、下記の要領で講義を公開しますのでお知らせします。

2.公開する研修の日時(日単位で公開)

  • 2018年6月27日(水曜日)13:15(受付12:45)~16:30
  • 2018年6月28日(木曜日)9:00(受付8:45)~16:45
  • 2018年6月29日(金曜日)9:00(受付8:45)~12:00

3.場所

1)しらはまビーチホテル 会議室

〒859-2502 長崎県南島原市口之津町甲2829番地1
TEL: 0957-86-3030

2)口之津カンキツ研究試験地(2日目 午後)

〒859-2501 長崎県南島原市口之津町乙954
TEL: 0957-86-2306

4.研修内容と日程

1日目 6月27日(水曜日)午後(しらはまビーチホテル)

  1. 減農薬防除の基礎

    13:15~14:45
    佐賀県上場営農センター 田代 暢哉

  2. カメムシの生態と対策

    15:00~16:30
    農研機構九州沖縄農業研究センター 水谷 信夫

2日目 6月28日(木曜日)午前(しらはまビーチホテル)

  1. カンキツグリーニング病及び温州萎縮ウイルスの被害と農家もできる簡易検出技術の開発

    9:00~10:30
    農研機構果樹茶業研究部門 岩波 徹

  2. 海外への果実輸出で問題となる農薬使用と考えられる害虫防除技術

    10:45~12:15
    農研機構果樹茶業研究部門 望月 雅俊

(昼食 12:15~13:15)

2)2日目 6月28日(木曜日)午後(口之津試験地)

しらはまビーチホテル玄関前 13:25集合 バスにて移動 13:30出発 13:40着

  1. 実習・実演

    13:40~16:30

    • 農薬散布法の実習・実演
    • 注意すべき病害虫とその観察
    • イムノクロマト法によるウイルス診断実習(講義室)
    • 意見交換(講義室)

    口之津試験地玄関前 16:30集合 16:35出発 16:45着

3日目 6月29日(金曜日)午前(しらはまビーチホテル))

  1. 食の安全や環境保全を推進する農業生産工程管理の手法「JGAP(Japan Good Agricultural Practice)」について

    9:00~10:30
    農研機構九州沖縄農業研究センター 荒木 陽一

  2. 総合討論

    10:45~11:45
    農研機構九州沖縄果樹研究調整監 根角 博久

5.募集人数

20名程度(先着順)

6.参加申込

添付様式により電子メールでお申し込みください。

申込締め切り

平成30年6月12日(火曜日)

申込先メールアドレス

naro-knt@ml.affrc.go.jp
注:メール送信の際は、上記アドレス の「全角@」を「半角@」に変換して送信願います。

問い合わせ先

農研機構九州沖縄農業研究センター産学連携室
TEL:096-242-7512
FAX:096-242-7543

なお、しらはまビーチホテルに宿泊希望の方は、相部屋となりますが別紙でご希望をお知らせ下さい。27日の夕食は、しらはまビーチホテル食堂にて会食を行いますので、会食を希望される方は夕朝食付きをお選びください。
その他近隣の宿泊施設(原城温泉真砂、小浜温泉等)をご希望の方は施設に直接ご予約ください。

法人番号 7050005005207