イベント・セミナー詳細

専門家 生産者 企業

農研機構「カンキツ新技術・新品種研修」(2018年度)公開講義開催のお知らせ

情報公開日:2018年7月12日 (木曜日)

第3回公開講義「気候温暖化に伴い発生が予想される諸問題と対応」

1.趣旨

農研機構「カンキツ新技術・新品種研修」では、その講義の一部を広く公開することとしております。第3回については、気候温暖化に伴い発生が予想される諸問題と対応を中心として、果樹栽培適地の移動、農地環境推定システム、海外から飛来する害虫への対応や浮皮発生の軽減技術の最新情報と最新の知見を紹介することとしており、下記の要領で講義を公開しますのでお知らせします。

2.開催日程

  • 2018年9月5日(水曜日)13:15(受付12:45)~16:35
  • 2018年9月6日(木曜日)9:00(受付 8:45)~16:45

3.場所

KKRホテル熊本
(熊本市中央区千葉城町3-31 TEL 096-355-0121)
熊本交通センター・熊本市電(熊本城・市役所前下車)徒歩6分

4.研修予定科目と内容

1日目 9月5日(水曜日)午後(KKRホテル熊本)

開会 あいさつ

13:15~13:20
農研機構九州沖縄果樹研究調整監 根角 博久

  1. 温暖化シミュレーションによる果樹栽培適地の移動予想と懸念される果樹栽培上の問題

    13:20~14:50
    農研機構果樹茶業研究部門 杉浦 俊彦

  2. 海外から飛来する害虫への対応

    15:05~16:35
    農研機構九州沖縄農業研究センター 松村 正哉

2日目 9月6日(木曜日)(KKRホテル熊本)

  1. 複雑な地形の中山間地域の農地環境を推定する技術

    9:00~10:30
    農研機構西日本農業研究センター 植山 秀紀

  2. 農地環境情報を生産支援に活かすICTツール「農地環境定システム」

    10:45~12:15
    株式会社ビジョンテック 岡田 周平

  3. (昼食 12:15~13:45)

  4. 植物生長調節剤を利用した浮皮発生の軽減技術

    13:45~15:15
    農研機構果樹茶業研究部門 佐藤 景子

  5. 総合討論

    15:30~16:30
    農研機構九州沖縄果樹研究調整監 根角 博久

5.募集人数

20名程度(先着順)
宿泊は各自で近隣のホテルをご予約ください。

6.参加申込

添付様式により電子メールでお申し込みください。

申込締め切り

平成30年8月14日(火曜日)

申込先メールアドレス

naro-knt@ml.affrc.go.jp
注:メール送信の際は、上記アドレス の「全角@」を「半角@」に変換して送信願います。

問い合わせ先

農研機構九州沖縄農業研究センター産学連携室
TEL:096-242-7512
FAX:096-242-7543

法人番号 7050005005207