イベント・セミナー詳細

一般 専門家 生産者 青少年

平成30年度九州沖縄地域マッチングフォーラム

- 多様な土地利用型農業の展開 -

情報公開日:2018年8月20日 (月曜日)

1.開催趣旨

平成29年度九州沖縄地域マッチングフォーラム 農業現場のニーズを踏まえた研究の推進と研究成果の現場等への迅速な普及を促進するため、生産者、農業団体、行政・普及関係者、企業関係者、研究者等が双方向の意見・情報交換を行う地域マッチングフォーラムを開催いたします。
九州沖縄地域は、南の食料供給基地として農産物の安定した生産や供給が求められています。土地利用型農業においても、消費の変化、担い手不足、高齢化等へ対応するため、農産物の高付加価値化や省力・低コスト生産を通じた収益性向上・競争力強化が課題といえます。
そこで本フォーラムでは、「多様な土地利用型農業の展開」をテーマに掲げ、諸課題に対応する最近の水田作と畑作の技術として、飼料用米、いぐさ、夏期湛水および加工用ホウレンソウをめぐる4つの技術をとりあげます。当日は、技術を開発した研究者と技術のユーザー(生産者等)が各技術の連携事例についてそれぞれの視点から紹介し、技術の一層の普及を図るために会場の皆様とご一緒に総合討論も行います。
また、今回は、データと先端技術のフル活用による生産性の飛躍的向上と地域農業の振興を目指したスマート農業の実現に向けた施策として、「農業データ連携基盤(WAGRI)」と「スマート農業技術の現場への実装」について、農林水産省から最新の情報提供を行うとともに会場の皆様との意見交換を行います。

2.開催日時

平成30年9月11日(火曜日) 9時30分~17時10分 (受付 9時~ )

3.開催場所

東海大学 熊本キャンパス 2号館

主会場:4階2401教室、受付・パネル(ポスター)展示会場:3階)
〒862-8652 熊本県熊本市東区渡鹿(とろく)9-1-1 電話:096-382-1141
JR豊肥本線「東海学園前」駅正面(「熊本」駅より約13分)
九州産交バス供合(ともあい)線「東海学園前」徒歩1分
※ 会場へは公共交通機関のご利用をお願いいたします。

4.テーマ

「多様な土地利用型農業の展開」

5.主催等

主催

農林水産省大臣官房政策課技術政策室、農研機構九州沖縄農業研究センター、九州農業試験研究機関協議会

協賛

熊本県、農林水産省九州農政局、公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会、東海大学

後援

熊本県農業会議、熊本県農業協同組合中央会、熊本県経済農業協同組合連合会、熊本県畜産農業協同組合連合会、熊本県酪農業協同組合連合会、熊本県果実農業協同組合連合会、熊本県いぐさ・畳表活性化連絡協議会

6.対象

生産者(団体を含む)、行政・普及機関関係者、企業関係者、試験研究機関関係者、農業に関心をお持ちの方

7.参加費

無料

8.定員

300名(お申し込み順)

9.実施内容

(1) 開会:9時30分

総合司会:農研機構九州沖縄農業研究センター企画部長(九州農業試験研究機関協議会事務局長)

(2) 挨拶:9時30分~9時50分

農林水産省大臣官房政策課技術政策室長(予定)
農研機構九州沖縄農業研究センター所長(九州農業試験研究機関協議会会長)
熊本県農林水産部長(予定)

(3) スマート農業の実現に向けて(施策説明および意見交換):9時50分~11時20分

・農業データ連携基盤(WAGRI)について
・スマート農業技術の現場への実装について

農林水産省大臣官房政策課技術政策室

休憩 (11時20分~11時30分)

(4) 研究成果発表

(研究者と生産者等のペアから技術の内容と現場での実践状況を発表いただきます)

1 発表題目:籾米サイレージ活用による低コスト飼料供給に関する取組 : 11時30分~12時15分

  • 座長:熊本県農業研究センター畜産研究所 所長 (はま)清輝(きよてる)
  • 研究者:熊本県農業研究センター畜産研究所 飼料研究室長 鶴田(つるた)(つとむ)
  • 生産者等:ネットワーク大津株式会社農地管理係 主任 益田(ますだ)友輝(ゆうき)

昼食休憩 (12時15分~13時15分)

<パネル(ポスター)による研究成果の紹介、技術相談> 12時45分~13時55分

九州沖縄各県や九州管内の国立研究開発法人および東海大学の研究成果をパネル(ポスター)や現物で紹介します。

2 水田農業の収益性向上のための高生産性いぐさ生産体系の確立および健康機能性商材向け加工・流通技術の確立 : 13時55分~14時40分

  • 座長:熊本県農業研究センターアグリシステム総合研究所 いぐさ研究室長 西田(にしだ)伸介(しんすけ)
  • 研究者:熊本県農業研究センターアグリシステム総合研究所 いぐさ研究室 研究参事 川口(かわぐち)誠仁(まこと)
  • 生産者等:九州大学大学院農学研究院 サスティナブル資源科学講座 准教授 清水(しみず)邦義(くによし)

3 発表題目:夏期湛水による営農効果と地下水涵養 : 14時40分~15時25分

  • 座長:農研機構九州沖縄農業研究センター畑作研究領域(都城) 畑土壌管理グループ長 荒川(あらかわ)祐介(ゆうすけ)
  • 研究者:農研機構九州沖縄農業研究センター畑作研究領域(都城)畑土壌管理グループ 上級研究員 (しま)武男(たけお)
  • 生産者等:おおきく土地改良区総務課 庶務会計係長 宮本(みやもと)靖也(やすなり)

休憩 (15時25分~15時35分)

4 加工用ホウレンソウの多収抑草技術の開発による機械収穫生産体系の確立 : 15時35分~16時20分

  • 座長:農研機構九州沖縄農業研究センター畑作研究領域長 小柳(おやなぎ)敦史(あつし)
  • 研究者:農研機構九州沖縄農業研究センター畑作研究領域(都城)畑機械・栽培グループ長 石井(いしい)孝典(たかのり)
  • 生産者等:株式会社ニシザワ 代表取締役社長 西澤(にしざわ)准一(じゅんいち)

(5) 総合討論 16時20分~17時00分

研究成果発表を踏まえた意見交換等を行います。

(6)閉会挨拶 17時00分~17時10分

熊本県農業試験研究センター所長(九州農業試験研究機関協議会副会長)

10.申込方法

平成30年9月3日(月曜日)までに、参加申込書に必要事項をご記入の上、ファックスまたは電子メールにてお申し込み下さい。ファックス、電子メールをお使いでない場合は、お電話にて承ります。
※ 締切後も座席に余裕がある場合は当日受け付けいたします。お気軽にお問い合わせ下さい。

11.お申し込み・お問い合わせ先

農研機構九州沖縄農業研究センター 企画部 産学連携室
ファックス:096-242-7543
電子メール:q_info@ml.affrc.go.jp
電話: 096-242-7682
〒861-1192 熊本県合志(こうし)市須屋2421