イベント・セミナー詳細

専門家 企業

平成30年度花き研究シンポジウム 「花きの需要拡大に資する研究開発の現状と社会実装に向けた連携態勢の構築」

情報公開日:2018年9月 6日 (木曜日)

日本国内の花き生産と消費は今から20年ほど前にピークに達した後、年々減少が続いた。ここ数年は下げ止まりの傾向も見られているが、かつての勢いを取り戻すには至っていない。農研機構野菜花き部門では、花きの新たな需要を創出するため遺伝子組換えによる青いキクを開発した。これに加えて、花きの需要拡大を図るため、開発に関する研究成果を創出してきた。これらの成果の社会実装を図るため、実需者である民間企業との連携を推進している。そこで、本シンポジウムでは、花きの需要拡大に向けた研究開発の現状を紹介するとともに、社会実装を推進中あるいは今後の社会実装が想定される民間企業担当者による研究成果の利活用に関する講演を行い、今後花きの需要拡大に何が必要とされるかを論議する。

参加申し込み

申し込み〆切:10月31日(水曜日)

先着順とさせていただき、定員(230名)になり次第受付を締め切らせていただきます。

日時

平成30年11月6日(火曜日)13時00分 ~ 7日(水曜日)12時00分

開催場所

つくば国際会議場(エポカル)3F 中ホール300
〒305-0032 茨城県つくば市竹園2丁目20番3号
電話:029-861-0001(代表)

内容

別紙開催要領 【PDF:234KB】に記載

主催

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 野菜花き研究部門

参集範囲

農林水産省、全国各都道府県行政普及・試験研究機関、大学、民間企業、農研機構野菜花き研究部門、その他主催者が必要と認めた者

参加費

無料

情報交換会

会費: 5000円
場所: ホテルグランド東雲
日時: 11月6日(火曜日)18時00分~

問い合わせ先

花き研究シンポジウム事務局
E-mail:kakikensympo2018@ml.affrc.go.jp

研究会全般について

花き研究監 市村一雄
電話: 029-838-6805

研究会参加申し込みについて

企画管理部企画連携室交流チーム(山本)
電話: 029-838-6603

法人番号 7050005005207