イベント・セミナー詳細

専門家

第43回近赤外講習会(中級・上級コース)・第105回食品技術講習会(平成30年11月5日(月)~申込み受付)

情報公開日:2018年10月 5日 (金曜日)

参加募集要項

農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門

恒例の近赤外講習会(中級・上級コース)〔兼食品技術講習会〕を下記のとおり開催致します。近赤外分光分析を行う技術者を対象とした中・上級者向けの研修です。近赤外分光法の原理をさらに深く理解したい方、原理に立ち返り再度復習したい方に最適な講習会です。奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。

  • 開催日時: 平成31年 1月24日(木曜日)~ 1月25日(金曜日)
  • 会場: 農研機構 食品研究部門 管理棟第1会議室
  • 参加資格:赤外分光法に関心のある方ならどなたでも参加できます。初級コース受講者を優先いたしますが、未習でも受講可能です。
  • 参加費: 無料
  • 定員: 50名
  • 参加申込締切: 平成30年12月21日(金曜日)
    申し込み先着順(ただし、中級・上級コース新規受講者優先)で定員になり次第、締切とさせていただきます。
  • 申込方法: 平成30年11月5日(月)から申し込みフォームにより参加申し込みを受け付けます。アクセス先は申し込み開始日に当ホームページへ掲載いたします。
  • 宿泊: ホテルニューたかはし高野台店(TEL: 029-836-1110)に予約予定です。ホテルより1日目夜と 2日目朝にバスの送迎が有ります。 シングル料金4,800円、朝食700円(税込み)。
  • 懇親会: 参加費:一般3,000円、学生1,000円です。なお、キャンセルは必ず1月17日(木曜日)までにご連絡ください。その後のキャンセルについては参加費をいただきます。
  • 交通案内
    1.つくばエクスプレス「つくば」駅下車、つくバス(南部シャトル)にて「農林団地中央」下車。徒歩3分。
    http://www.bus-ibaraki.jp/shichoson/c-tsukuba.html#nanbu
    2.つくばエクスプレス「みどりの」駅下車、関東鉄道バス(農林団地循環)にて「農村工学研究所前」下車。徒歩1分。
    http://www.maff.go.jp/j/kanbo/tukuba/s_traffic/pdf/tx5.pdf
    3.常磐線「牛久」駅下車、関東鉄道バス(谷田部車庫)または(筑波大学病院)にて「農村工学研究所前」下車。徒歩1分。
    http://www.maff.go.jp/j/kanbo/tukuba/s_traffic/pdf/jr4.pdf
  • 問い合わせ先:
    受講手続きについて: 企画管理部企画連携室交流チーム TEL: 029-838-7982
    研修内容について: 非破壊計測ユニット(担当:池羽田) TEL: 029-838-8023
  • 担当講師および時間割

    尾崎 幸洋(関西学院大学理工学部 名誉教授)
    稲垣 哲也(名古屋大学大学院生命農学研究科 助教)
    池羽田 晶文(食品研究部門食品分析研究領域非破壊計測ユニット ユニット長)
時 間 研修科目
1月24日(木曜日) 13時30分~14時00分 受付
14時00分~14時10分 開会挨拶
14時10分~15時00分 1.基礎コースの復習と導入 (池羽田 晶文)
15時10分~16時00分 2.近赤外スペクトルの見方 (尾崎 幸洋)
16時10分~17時00分 3.多変量解析(ケモメトリックス)の基礎 (稲垣 哲也)
17時15分~19時00分 懇親会
1月25日(金曜日) 9時00分~ 9時50分 4.近赤外分光装置と実験法 (尾崎 幸洋)
10時00分~10時50分 5.基準振動の倍音と結合音 (尾崎 幸洋)
11時00分~11時50分 6.多変量解析(ケモメトリックス)の理論と実践I(稲垣 哲也)
12時00分~13時00分 昼食
13時00分~13時50分 7.多変量解析(ケモメトリックス)の理論と実践II(稲垣 哲也)
14時00分~14時50分 8.近赤外分光法の活用事例I(稲垣 哲也)
15時00分~15時50分 9.近赤外分光法の活用事例II(尾崎 幸洋)
15時50分~16時10分 受講証書授与 閉会
法人番号 7050005005207