イベント・セミナー詳細

一般 専門家 生産者 企業

サツマイモとクリの新品種マッチングフェアーの開催について
-農研機構で開発したおすすめの新品種の特性や利用方法について紹介します-

情報公開日:2018年10月16日 (火曜日)

秋の味覚といえば、サツマイモ、クリが代表的な農産物ですが、青果としての消費が減っていく中で、食品産業や外食産業と連携した加工・業務用需要の拡大が課題となっています。そこで、農研機構では近年、サツマイモ「べにはるか」、クリ「ぽろたん」など青果としての利用だけでなく、焼き芋や焼き栗を始め、でん粉原料等の加工に適する品種を育成しています。本セミナーでは、「こなみずき」、「ひめあやか」等の様々な用途のサツマイモ新品種や、「ぽろたん」、「ぽろすけ」等の渋皮が向けやすいクリ新品種の特徴を紹介するとともに、加工技術や調理方法などについて最新の情報を提供します。また、産地の先進的な取組事例を紹介し、6次産業化を含めた新品種の利用拡大方向について検討します。さらに、交流タイムでは試食等を通じて、生産者、実需者とのマッチングの場を設け、農食ビジネスの拡大を図ります。

1.日時

平成30年11月29日(木曜日)10時30分-16時15分

2.場所

滝野川会館大ホール(東京都北区西ヶ原1-23-3, Tel:03-3910-1651)
JR京浜東北線上中里駅東口徒歩7分、地下鉄南北線西ヶ原駅徒歩7分

3.主催

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構

4.プログラム

  • 10時30分-10時40分

    開会・挨拶

  • 10時40分-11時05分

    加工需要の拡大を目指したサツマイモの育種と新品種の紹介

    農研機構九州沖縄農業研究センター 甲斐 由美

  • 11時05分-11時30分

    食用サツマイモの育種と新品種の紹介

    農研機構次世代作物開発研究センター 片山 健二

  • 11時30分-11時55分

    クリの育種と新品種の紹介 農研機構果樹茶業研究部門 齋藤 寿広

  • 11時55分-13時00分

    昼食

  • 13時00分-13時25分

    サツマイモの栄養と甘さを引き出す美味しい食べ方

    元東京家政学院短期大学 津久井 亜紀夫

  • 13時25分-13時50分

    「ぽろたん」の加工に関する様々な取組 島根大学人間科学部 鶴永陽子

  • 13時50分-14時15分

    クリの栄養と「ぽろたん」を使った家庭料理

    聖徳大学人間栄養学部人間栄養学科 小川 聖子

  • 14時15分-14時40分

    高品質焼き芋の周年供給の取り組み

    JAなめがた営農経済部園芸流通課 河野 隆徳

  • 14時40分-15時05分

    東美濃栗振興協議会における「ぽろたん」の取組

    岐阜県中山間農業研究所中津川支所 磯村 秀昭

  • 15時05分-15時40分

    交流タイム(サツマイモやクリの新品種や加工技術等に関する研究成果の試食・展示)

  • 15時40分-16時15分

    意見交換

  • 16時15分

    閉会

5.定員

200名程度(先着順)

6.募集対象

食品産業従事者、外食産業従事者、小売・流通業者、市場関係者、野菜ソムリエ、生産者、行政・普及関係者、研究者等、そのほか新品種や加工にご興味のある方を対象としております。

7.参加費

無料

8.参加申込

11月22日(木曜日)までに農研機構果樹茶業研究部門ホームページからお申し込みいただくか、別紙 【Excel:13.6KB】によりFaxでお申し込み下さい。

お申し込みサイト

なお、キャンセルされる場合には、お手数でも事務局までお知らせください。

キャンセルサイト

事務局

農研機構果樹茶業研究部門 企画管理部企画連携室 果樹連携調整役 和田雅人
〒305-8605 茨城県つくば市藤本2-1
Tel: 029-838-6451 Fax: 029-838-6440 E-mail: fruitseminar@ml.affrc.go.jp