イベント・セミナー詳細

専門家

第5回 アジア植物遺伝資源 (PGRAsia) シンポジウムのご案内

情報公開日:2018年11月14日 (水曜日)

国立研究開発法人 農研機構遺伝資源センターは、農林水産省より平成30年度「海外植物遺伝資源の民間等への提供促進」プロジェクトを受託しています。本プロジェクトでは、アジア諸国*1 のジーンバンク等と農研機構を中心とする研究チームが連携して野菜を中心とする植物遺伝資源*2の特性評価と探索収集を共同で行い、植物遺伝資源の利用促進に取組んでいます。
本シンポジウムでは、プロジェクト概要説明と成果発表、さらに植物遺伝資源関連分野の講演を行います。併せて、プロジェクトの今後の活動にご参集頂いた皆様からのご希望を反映させるため、意見交換会を開催いたします。皆様のご参加をお待ちいたしております。

  • *1 ベトナム、ラオス、カンボジア、ミャンマー、(平成29年度で終了: ネパール)
  • *2 キュウリ、メロン、カボチャ、ナス、トウガラシ、トマト、アブラナ類、イネ、アマランサス、ソルガム

主催

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)
遺伝資源センター

日時

平成30年12月18日(火曜日) 14時00分~17時50分 (13時30分 受付開始)

場所

ヒューリックカンファレンスROOM1(100席) ヒューリック浅草橋ビル3階
(URL: http://www.hulic-hall.com/, 東京都台東区浅草橋1-22-16)

プログラム

リンク先参照

参加費

無料(ただし、意見交換会は以下の通り有料となります)

参加申込方法

参加申込書 [PDF:112.4KB]に必要事項を記入の上、メール(office-PGRAsia@gene.affrc.go.jp)にてお申し込み下さい。

参加申込締切

平成30年12月5日(水曜日)
※定員になり次第申込を終了させていただきます(席に余裕がある場合に限り、当日参加も受け付けます)。定員: 100名

意見交換会

シンポジウム終了後、同会場にて意見交換会を開催します(18時00分~19時50分、参加費1000円、要事前登録)。 簡単な飲み物等をご用意いたします。皆様のふるってのご参加をお待ちしております。