イベント・セミナー詳細

一般 生産者 青少年

公開シンポジウム 東日本大震災に係る食料問題フォーラム2018

情報公開日:2018年12月 3日 (月曜日)

日本学術会議において、公開シンポジウムを開催いたします。 福島県では安全安心な農畜水産物の生産の継続と避難指示解除地域での農業再生が進められています。東日本大震災から7年がたちましたが、消費者の放射性物質の不安は払拭されていません。このシンポジウムでは生産者と消費者の理解を進めるための課題について取り上げます。 また、農研機構で開発された技術や研究成果について講演やポスター発表を行います。

日時

2018年12月21日(金曜日) 13時~17時

農研機構からの話題提供者

栂村恭子(講演:畜産研究部門)
八戸真弓(ポスター:食品研究部門)
万福裕造(ポスター:農業研究環境変動センター)

講演内容はチラシ[PDF:1.5MB]をご覧ください。

会場

日本学術会議 講堂
(東京都港区六本木7丁目22番地34号)

参加費

無料

申込

事前申し込みの必要はありません。お気軽にご参加ください。

主催

日本学術会議農学委員会・食料科学委員会合同東日本大震災に係る食料問題分科会

後援

日本農学アカデミー、公益社団法人日本水産学会、公益社団法人日本畜産学会、日本農業経済学会、公益社団法人日本農芸化学会、農業食料工学会、一般社団法人日本リスク研究学会、公立大学法人福島県立医科大学、国立大学法人長崎大学福島未来創造支援研究センター、国立大学法人東京大学大学院農学生命科学研究科アグリコクーン(act122)、学校法人北里研究所北里大学海洋生命科学部、国立大学法人福島大学、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構