イベント・セミナー詳細

一般 専門家 生産者

農業食料工学会 農業機械部会セミナー

- これからの製品安全と国際標準-Society5.0を迎えて -

情報公開日:2019年1月 7日 (月曜日)

農業食料工学会 農業機械部会では、平成30年度農業機械部会セミナーといたしまして、リスクアセスメントの基本的な考え方、安全性を考慮した開発事例や安全性に関する規制、基準、国際標準作り等の取組みについて、安全分野の第一人者の方々からその一端をご紹介いただき、農業機械分野の安全性向上に向けたヒントにしたいと思います。
産官学の垣根を越えて、多数のご参加をお待ちしております。

開催日時

2019年3月1日(金曜日)13:10~17:40

開催場所

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構
農業技術革新工学研究センター はなの木ホール(埼玉県さいたま市北区日進町1-40-2)

地図 (http://www.naro.affrc.go.jp/iam/introduction/access.html)

主催

農業食料工学会

協賛

農研機構 革新工学研究センター、(一社)PL研究学会

定員

100名

参加費

会場受付時にお支払い下さい
正会員(協賛会員含む)2,000円 非会員3,000円
※農業食料工学会への体験入会の申込みも受け付けます(3,000円)

プログラム

司会進行 農業機械部会 幹事長 吉永 慶太(農研機構)
■  開 会
   13時10分 開会挨拶
農業機械部会  部会長  藤井 幸人 (農研機構)
■  基調講演
   13時15分 新しい時代の安全の思想・技術と国際標準への提案
(一社)セーフティグローバル推進機構  向殿 政男 氏
■  話題提供
   14時15分 製品安全のためのリスクアセスメント-ニューアプローチ時代のリスク対策
(独)製品評価技術基盤機構  片岡 孝浩 氏
   15時15分 休憩
   15時30分 一般産業安全の動向と今後の展開
(株)IDEC  井上 洋一 氏
   16時00分 ものづくりにおける安全の現状と課題:~コマツの取組み~
コマツカスタマーサポート(株)  平澤 千春 氏
   16時30分 製品安全のスマート化とリコール厳罰化への対応策
TDNインターナショナル(株)  渡辺 吉明 氏
■  総合討議
   17時20分 安全性向上への今後の展開
座長 農業機械部会 運営委員  長谷川 英夫 (新潟大学)
■  閉 会
   17時40分 閉会の辞
農業食料工学会 学会長  近藤 直 (京都大学)
◆ プログラムは、講師、会場の都合により予告なく変更になる場合があります

問合せ先・参加申込み先

〒331-8537 さいたま市北区日進町1-40-2
農研機構 農業技術革新工学研究センター  農業機械部会  幹事 原田 ・ 山崎
E-mail:nogyo-kikai-bukai[アット]ml.affrc.go.jp([アット]を@で置き換えてください)
FAX:048-654-7135
TEL:048-654-7105

参加申込み方法

メール

以下の記入事項を明記の上で、上記連絡先までお申込みください。

1. お名前

2. ご所属 (機関名・所属部署・職名)

3. 会員区分 (農業食料工学会員,PL研究学会,非会員から選択)

FAX

開催案内の申込みフォームに必要事項をご記入の上で、上記番号までお申込みください。

参加申込み締切り

2019年2月20日(水曜日)
参加人数が定員に達し次第参加申込みを締切りますので、お早めの申込みをお願いいたします。