イベント・セミナー詳細

専門家

平成30年度受精卵移植関連新技術全国会議(第23回)

情報公開日:2019年1月18日 (金曜日)

開催要領

1.開催趣旨

当会議は、平成26年度から受精卵移植関連新技術全国会議という名称となり、受精卵移植に関連する試験を実施している全ての機関・技術者を対象に開催しています。今回の会議では、受精卵移植をめぐる最近の動向や繁殖性向上に向けた研究についての話題提供ならびに共同研究の実施状況の検討を行います。これらの取り組みを通じ、受精卵移植に関連する新技術に携わる主要メンバーが集まるこの会議の場を活用した情報交換及び研究の連携構築を図ります。

2.開催日時

平成31年2月27日(水曜日) 13時30分~16時45分
平成31年2月28日(木曜日) 9時00分~11時40分

3.開催場所

文部科学省研究交流センター 国際会議場 (茨城県つくば市竹園 2-20-5)
http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/kouryucenter/005.htm

4.主催

農研機構畜産研究部門
独立行政法人 家畜改良センター

5.内容

第1日目: 2月27日(水曜日)

開会の挨拶 (13時30分~13時45分)

  • 農研機構畜産研究部門 部門長 塩谷 繁
  • 家畜改良センター 理事長 入江 正和

牛の繁殖性向上に向けた研究と現状について (13時45分~16時10分)

  • 肉用牛の受胎率と生産頭数について(仮題)

    農研機構畜産研究部門 家畜育種繁殖研究領域 領域長 平子 誠

  • 黒毛和種の発情検知におけるICTの有効性(仮題)

    農研機構九州沖縄農業研究センター 畜産草地研究領域 研究員 法上 拓生

  • 黒毛和種リピートブリーダーにおける子宮内膜遺伝子発現の網羅的解析:正常に受胎する牛との比較(仮題)

    農研機構畜産研究部門 家畜育種繁殖研究領域 主任研究員 林 憲悟

  • 分娩日時の予測技術について(仮題)

    農研機構畜産研究部門 家畜育種繁殖研究領域 主席研究員 鎌田 八郎

  • 黒毛和種繁殖雌牛の分娩後の潜在的な繁殖能力を推定する人工知能システム(仮題)

    家畜改良センター 企画調整部 管理課 新技術第2係長 松田 秀雄

質疑応答および討論 (16時10分~16時40分)

その他 (16時40分~16時45分)

第2日目: 2月28日(木曜日)

  • 行政部局からの情勢報告 (9時00分~9時20分)

    農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究専門官 若林 嘉浩

受精卵移植をめぐる最近の動向 (9時20分~10時10分)

  • 国際胚技術学会第45回大会の概要

    農研機構畜産研究部門 草地利用研究領域 上級研究員 阪谷 美樹

  • ウシ体外受精胚の核・染色体異常を生きたまま見分ける新技術

    東京農工大学 大学院農学研究院 生物生産科学部門 准教授 杉村 智史

共同試験の実施状況について (10時30分~11時40分)

  • 効率的ウシ胚生産技術共同研究グループ
    • 採胚成績向上を目的とした、第一卵胞波からの過剰排卵処理法の検討

      宮城県畜産試験場 酪農肉牛部 副主任研究員 矢島 りさ

    • FSH製剤単回皮下投与後のOPU時期の検討

      三重県畜産研究所 家畜改良繁殖研究課 主査研究員 富田 健介

  • 雌雄産み分け技術共同研究グループ
    • 性判別胚の保存方法の検討と性選別精液を利用した採胚および定時人工授精技術の検討

      熊本県農業研究センター畜産研究所 研究主任 横山 輝智香

閉会

6.参集範囲

都道府県試験研究および行政機関、普及指導機関、地方農政局、国立研究開発法人、畜産関係団体、大学、民間企業、開業獣医師、家畜人工授精師

7.参加申込み

申込〆切

2月12日 (火曜日)

お申し込みフォーム

https://pursue.dc.affrc.go.jp/form/fm/naro077/h30et

※複数名を申し込む場合は、1名登録する毎にブラウザを閉じてください。ブラウザの「戻る」ボタンで戻らないでください。