イベント・セミナー詳細

専門家 企業

「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」及び「スマート農業加速化実証プロジェクト」において収集するデータの農業データ連携基盤「WAGRI」への保管方法(案)に係る技術説明会の開催について

情報公開日:2019年1月17日 (木曜日)

更新日:2019年1月25日 (曜日)

なお、本公募は、平成31年度予算政府案及び平成30年度補正予算政府案に基づいて行っているため、事業の実施は予算成立が前提となります。また、今後、予算成立までの過程で公募要領等に変更があり得ることをあらかじめ御承知おきください。

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(以下「農研機構」という。)は、「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」及び「スマート農業加速化実証プロジェクト」において収集するデータの農業データ連携基盤「WAGRI」への保管方法(案)に係る技術説明会を主にICTベンダー等の技術者を対象として、平成31年1月24日(木曜日)に東京で開催いたします。

1.事業概要

農研機構は、近年、技術発展の著しいロボットやAI、IoT等の先端技術を活用した「スマート農業」の社会実装を加速化するため、先端技術を現場に導入・実証する取組を支援します。
本事業に係る公募は、平成31年1月4日(金曜日)から2月4日(月曜日)までの日程で行っています。
なお、本公募は、平成31年度予算政府案及び平成30年度補正予算政府案に基づいて行っているため、事業の実施は予算成立が前提となります。また、今後、予算成立までの過程で公募要領等に変更があり得ることをあらかじめ御承知おきください。

2.技術説明会

本プロジェクトでは、様々な営農類型においてスマート農業技術を導入し、実証で得られた経営及び営農に関するデータを整理の上、農研機構に提供していただくこととしています。本説明会では、本プロジェクトに参画を希望しているICTベンダー等が有する経営・栽培管理システムや農機メーカーのスマート農機等を利用して収集したデータを、農業データ連携基盤「WAGRI」に保管する場合に必要となる技術的な説明を行い、ベンダーやメーカー側で対応すべき作業の概要を理解していただくことを目的とします。

3.開催日時及び場所

日時:平成31年1月24日(木曜日) 13時30分~15時30分
場所:AP東京丸の内 ABC室 (東京都千代田区丸の内1丁目1-3 日本生命丸の内ガーデンタワー3階)

4.参集範囲

営農・栽培管理システム等を開発しているICTベンダーならびに農機メーカーにおいて、実際に開発・実装を担当する技術者 等
(注)説明には実装寄りの具体的な技術内容も含まれるため、実装を外注予定の場合には、外注予定先の技術者も参加することを推奨します。

5.参加申込方法

※参加申込は締め切りました。
参加を希望される方は 参加申込フォームからお申込みください。
参加申込〆切:平成31年1月23日 12時00分

(注)定員(100名)に達した場合は期限前に参加申込をお断りする場合がありますのでご注意ください。

技術説明会説明資料 【PDF:4.5MB】 当日の説明会資料を公開しました(2019年1月25日)

留意事項

入館時に受付で身分証明書を御提示いただくことがございます。
また、参加に当たり、次の留意事項を遵守してください。これらを守れない場合は、退出をお願いすることがあります。

  • (ア) 事務局の指定した場所以外の場所に立ち入らないこと。
  • (イ) 携帯電話等の電源は必ず切って傍聴すること。
  • (ウ) 傍聴中は静粛を旨とし、以下の行為を慎むこと。
    • 発言者に対する賛否の表明又は拍手
    • 報道関係者の方々を除き、会場においてのカメラ、ビデオカメラ、ICレコーダー、ワイヤレスマイク等の使用
    • 新聞、雑誌その他議案に関連のない書類等の読書
    • 飲食及び喫煙
  • (エ) 銃砲刀剣類その他危険なものを議場に持ち込まないこと。
  • (オ) その他、事務局職員の指示に従うこと。

なお、参加申込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、確認等御本人への連絡を行う場合に限り利用させていただきます。

お問合せ先

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構
本部 スマート農業実証事業準備室
担当者: 栗原、中山、飯嶋、森尾、作本、山口、鈴木
E-mail : smartA-NARO@naro.affrc.go.jp