イベント・セミナー詳細

一般 専門家 生産者

スマート農業技術の開発・実証プロジェクト「中山間水田複合作における省力化と新しい品種、販路等へ挑戦するスマート農業技術活用体系の実証」令和元年度オープンセミナー開催案内

- 草刈り作業のスマート化から中山間地域農業の将来を考える -

情報公開日:2019年6月28日 (金曜日)

趣旨

中国・四国地域の農業就業人口(2018年)の平均年齢は全国で唯一70歳を超え、離農のリスクが高く、農業労働力の不足や遊休農地の増大が懸念されている。特に中山間地域では、圃場が傾斜地に立地しているため畦畔法面の面積が大きく、担い手による草刈り作業の負担が重くなっている。

本現地検討会・シンポジウムでは、中山間地域農業がかかえる草刈り作業の課題解決のために実施している取り組みを紹介し、これらの実施に欠かせない草刈機の開発、導入状況などスマート農業の取り組み状況を紹介する。

開催日時

令和元年8月22日(木曜日) 13:00~ 23日(金曜日) 12:30

開催場所

8月22日(木曜日) :(農)ファーム・おだ(広島県東広島市河内町)

8月23日(金曜日) :福山市生涯学習プラザ中会議室(まなびの館ローズコム4階)

(〒720-0812 広島県福山市霞町1-10-1 TEL:084-932-7265)

主催

中山間水田スマート農業活用実証コンソーシアム

近畿中国四国農業試験研究推進会議 農業環境工学推進部会

日本農作業学会

日程

<8月22日(木曜日) 現地検討会>

13:00 福山駅北口 出発

14:10 道の駅 よがんす白竜(トイレ休憩)

14:30 現地(東広島市) 到着

14:30 傾斜法面での草刈機による作業の実演

16:00 現地(東広島市) 出発

16:55 道の駅 世羅(休憩)

18:15 福山駅北口 到着

18:45 情報交換会(福山駅周辺)

(送迎バス利用) 集合場所・時間:福山駅北口 12:30~受付開始

バスで見学場所へ移動します。

解散場所・時間:福山駅北口観光バス乗降場 18:15

(現地集合) 集合場所・時間:(農)ファーム・おだ 多目的グランド 14:20

多目的グランドと現地圃場間は往復ともバスで送迎します。

解散場所・時間:(農)ファーム・おだ 多目的グランド 16:00(予定)

※雨天の場合は、(農)ファーム・おだの多目的集会所において、草刈機の説明やスマート農業実証事業の取り組みの説明等を行います。

<8月23日(金曜日) シンポジウム>

8:30 開場

9:00 開会、挨拶

9:10 話題提供

<基調講演>

「中山間水田複合経営が直面する課題とスマート農業の取り組み」

(農)ファーム・おだ 代表理事組合長 土本 伸幸

農研機構西日本農業研究センター グループ長 奥野 林太郎

<講演> 畦畔管理用草刈機、急傾斜法面対応草刈機の開発状況

「法面対応型リモコン草刈機の紹介」 三陽機器株式会社 守安 利文

「クボタラジコン草刈機の紹介」 株式会社クボタ 外池 麻衣

「電動リモコン作業機の開発と販売」 株式会社ササキコーポレーション 戸田 勉

「ラジコン草刈機「神刈」の紹介」 株式会社アテックス 一色 賢三

「急傾斜法面対応草刈機の開発」 農研機構西日本農業研究センター 菊地 麗

「草刈り作業計画のための適応可能畦畔マップの作成」 農研機構西日本農業研究センター 清水 裕太

※講演タイトル、講演者は変更される場合があります。

11:10 休憩

11:25 各府県の取り組み状況報告

11:45 総合討議

12:30 閉会

対象範囲

中山間水田スマート農業活用実証コンソーシアムメンバー、農林水産省、農研機構、公立機関、生産者、消費者、大学、民間、その他実証代表者が認めた者

参加費

情報交換会参加費 5,000円

参加申込方法及び申込期限

参加を希望される方は、7月26日(金曜日)までに申込専用フォームにより、事務局へお申し込みください。

申込専用フォームはこちら http://pursue.dc.affrc.go.jp/form/fm/naro132/smart2019

※先着120名、定員になり次第、受付を終了します。

事務局

  • 農研機構 西日本農業研究センター
  • 営農生産体系研究領域 機械作業・情報グループ 奥野林太郎
  • E-mail: smt_jimu@ml.affrc.go.jp

その他

・シンポジウム会場案内図

シンポジウム会場の中会議室内では飲食できません(飲み物のみ持込可)。

warc-ivent-20190627a4-1.png

・宿泊につきましては、各自でお手配くださいますようお願いいたします。