イベント・セミナー詳細

第27回東北農研市民講座「東北農研で開発した小麦品種」

情報公開日:2019年7月 3日 (水曜日)

話し手

髙山    敏之 ( たかやま としゆき ) 畑作物育種グループ長

日時

2019年8月3日 (土曜日) 9時30分~10時30分 終了しました

講演概要

東北農業研究センターでは、東北地域向けの小麦・大麦の品種改良を行っています。近年まで東北地域では、地粉(じごな)として親しまれてきた「ナンブコムギ」が最も栽培されている小麦品種でしたが、小麦縞萎縮病(こむぎしまいしゅくびょう)による収量の低下が原因で栽培面積が減少しました。現在は、2005年に品種登録した「ゆきちから」が最も栽培されている品種であり、パンや中華麺などに広く利用されています。今回は、これまでに育成してきたパン、めん、菓子、もちなど様々な用途向け小麦品種の特徴などを紹介します。

定員

50名   (事前申込みが必要です。ただし、当日の飛び入り参加も大歓迎。)
どなたでも参加できます (小学生以下は保護者同伴)。
ただし希望者多数の場合は先着順とさせていただきます。

場所

農研機構 東北農業研究センター   北辰興農閣研修室   (岩手県盛岡市下厨川字赤平4)

参加費

無料

お茶やコーヒーをご用意します。気楽にご参加下さい。

参加申込み、問合わせ先

8月1日 (木曜日) までに、住所、氏名 (ふりがな)、電話番号をお知らせ下さい (できればメールで)。
< 電話またはFaxで申し込みの場合はできるだけ平日の9時~17時にお願いします >
QR code

農研機構 東北農業研究センター 企画部産学連携室 広報チーム

メール: www-tohoku@@naro.affrc.go.jp
(このアドレスはコピー&ペースト後に@を一つ削除してから使用してください)
電話: 019-643-3573 ファックス: 019-643-3588