イベント・セミナー詳細

専門家 生産者 企業

農研機構「カンキツ新技術・新品種研修」(2019年度 第4回) 「健全な果樹種苗の供給と苗木生産技術」 公開講義開催のお知らせ

情報公開日:2019年8月20日 (火曜日)

1 趣旨

農研機構「カンキツ新技術・新品種研修」では、その講義の一部を広く公開することとしており、参加者を募集します。2019年度第4回の研修では、種苗法と登録品種の取扱いについて解説します。また、問題となるカンキツのウイルス・ウイロイド病対策を紹介し、農研機構におけるカンキツ新品種のウイルス無毒化と母樹用穂木の供給体制について紹介します。さらに、苗木産地における優良苗木生産技術や大苗育苗技術のポイントを解説するとともに、カンキツにおける台木および植物生長調節剤開発研究の歴史についても整理し、今後の展望を考えます。

2 開催日程

2019年10月3日(木曜日) 9時00分(受付8時30分)

3 場所

農研機構九州沖縄農業研究センター(久留米)会議室
(〒839-8503 福岡県久留米市御井町1823-1 Tel: 0942-43-8271)

4 募集対象者

日本国内で果樹産業に従事している者
(生産者、農業法人、JA職員、関連企業、普及機関、研究機関等)

5 募集人数

40名程度(先着順)

6 研修内容と日程

  • (1) 開会 あいさつ
    9時00分~9時05分

    農研機構九州沖縄農業研究センター 九州沖縄果樹研究調整監 根角 博久

  • (2) 講 義
    • 1. 種苗法と登録品種の取扱について
      9時05分~10時30分

      日本園芸農業協同組合連合会 技術主幹 佐藤 義彦

    • 2. 果樹のウイルス・ウイロイド病対策の基礎
      10時45分~12時00分

      農研機構果樹茶業研究部門 ブドウ・カキ研究領域
      ブドウ・カキ病害虫ユニット 上級研究員 伊藤 隆男

    • (昼食 12時00分~13時00分)

    • 3. 農研機構におけるカンキツ新品種のウイルス無毒化と母樹用穂木の供給
      13時00分~14時10分

      農研機構果樹茶業研究部門カンキツ研究領域
      カンキツ育種ユニット 主任研究員 太田 智

    • 4. 苗木産地における優良苗木の育成技術と産地での大苗生産技術
      14時20分~15時30分

      株式会社 耕心 代表取締役 北川 正勝

  • (3) 特別講義

    カンキツの台木および植物生長調節剤開発研究の歴史と展望

    15時45分~16時30分

    元 大阪府立大学教授 河瀬 憲次

  • (4) 総合討論
    16時30分~17時00分

    農研機構九州沖縄農業研究センター 九州沖縄果樹研究調整監 根角 博久

7 参加申込

添付様式により電子メールでお申し込みください。
申込締め切り:2019年9月6日(金曜日)
申込先メールアドレス:naro-knt@ml.affrc.go.jp
問い合わせ先:農研機構九州沖縄農業研究センター産学連携室内
農研機構カンキツ新技術・新品種研修事務局
Tel 096-242-7512
Fax 096-242-7543

8 その他

宿泊が必要な方は、各自でご予約ください。