イベント・セミナー詳細

専門家 生産者 企業

農研機構 植物工場 九州実証拠点 令和元年度植物工場研修会(スプラウト類)開催要領

情報公開日:2019年11月 5日 (火曜日)

1.開催趣旨

農研機構植物工場九州実証拠点では、農林水産省「次世代施設園芸導入加速化支援事業(全国推進事業)」に係る研修事業として、今年度の研修会を開催する。
本研修会では、完全人工光型植物工場でのスプラウト類の生産について、栽培管理技術に関する基礎的な講義と実習を行い、技術者の育成推進に資する。

2.主催・共催・後援

【主催】国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター
【共催】一般社団法人日本施設園芸協会
【後援】日本生物環境工学会九州支部

3.開催日時

令和元年12月17日(火曜日) 13時30分~18日(水曜日)12時00分

4.開催場所

農研機構九州沖縄農業研究センター 筑後・久留米研究拠点(久留米)
〒839-8503 福岡県久留米市御井町1823-1
※JR久大本線久留米大学前駅下車約10分

5.参集範囲

人工光型植物工場の経営者・指導者、経営・指導を目指す者、ならびにその関係者。

6.参加費

無料 募集人員 5名(別紙の参加申し込みが必要)

7.プログラム

12月17日(火曜日)

13時00分~13時30分 受付
13時30分~13時40分 挨拶
13時40分~17時00分 講義と実習

(1)人工光型植物工場でのスプラウト生産の実際(講義)

農研機構九州沖縄農業研究センター 研究員 中井勇介

(2)スプラウトの生産工程 浸種~静置(実習)

農研機構九州沖縄技術支援センター久留米技術チーム チーム員 松尾征徳
農研機構九州沖縄農業研究センター 研究員 中井勇介

12月18日(水曜日)

9時00分~11時00分 講義と実習

(3)スプラウトの生産工程 播種~出荷用パック詰め(実習)

農研機構九州沖縄技術支援センター久留米技術チーム チーム員 松尾征徳
農研機構九州沖縄農業研究センター 研究員 中井勇介

11時00分~12時00分 総括(質疑応答)

8.参加申込み

11月29日(金曜日)までに、別紙の申込書に必要事項を記入の上、下記宛にE-mailかFAXでお申し込み下さい。なお、先着の方から、申込書の「どういうことを修得したいか」を参考に研修される方を選び、定員になりしだい締め切らせていただきますので、あらかじめご了承ください。

九州沖縄農業研究センター 施設野菜グループ 渡辺慎一
E-mail:pf_krm_kensyuu@ml.affrc.go.jp FAX:0942-43-7014

9.その他

・宿泊先の手配は各自でお願いします。
・主催者側で、クリーンスーツ、靴、マスク、手袋を用意します。実習では、これらを着用し、植物工場に入室していただきます。