イベント・セミナー

生産者

令和2年度 水稲乾田直播のための前年整地実演会

情報公開日:2020年8月 5日 (水曜日)

北海道におけるNARO方式乾田直播栽培技術の特色のひとつは、春の作業競合を低減するための水稲直播ほ場の前年整地技術です。前年整地技術の普及を促進するため、技術を導入している生産者のほ場において生産者による実演を行うとともに均平作業の効率化のためのほ場の高低差マップの利用の紹介を行います。

開催日時

令和2年(2020年)8月25日(火曜日) 13時30分~15時00分
(天候、ほ場の状況により変更する場合があります)

開催場所

農事組合法人セレスコーポレーション
(北海道岩見沢市北村豊正606番地)

実演ほ場 : 農事組合法人セレスコーポレーション ほ場
(北海道岩見沢市北村豊正4115付近)

主催

農研機構 北海道農業研究センター

対象

乾田直播技術に関心のある生産者、JA関係者、普及機関関係者、農業試験研究関係者、農林水産省職員、その他開催責任者が必要と認めた者

定員

50名

参加費

無料

申込方法

別紙出席申込書に必要事項を記入の上、FAXまたはメールにてお送りください。

申込締切

令和2年(2020年)8月20日(木曜日)
(※ただし、定員に達した時点で締め切らせていただきます)

内容

挨拶

実演内容および高低差マップの説明
(農研機構北海道農業研究センター)

利用機器(GNSSレベラー)の紹介、高低差マップの利用についての紹介
(農事組合法人セレスコーポレーション)

実演
(農事組合法人セレスコーポレーション)

お申し込み・お問い合わせ先

農研機構 北海道農業研究センター 地域戦略部事業化推進室 入来(いりき) 宛て

TEL : 011-857-9414
FAX : 011-859-2178

電子メール : nkhokkaido(at)ml.affrc.go.jp
※メール送信の際は(at)を@に置き換えてください。

その他

  • 当日は車で現地までお越しください(バスはご用意しません)。
  • 新型コロナウイルス対策へのご協力をお願いします(当日体調不良の場合は参加の見合わせ、マスク着用、手指消毒等)。