イベント・セミナー

専門家 生産者

令和2年度 農研機構重点普及成果「イネホールクロップサイレージ」現地検討会

情報公開日:2020年10月13日 (火曜日)

開催要領

推進リーダー: 農研機構畜産研究部門
畜産飼料作研究監 野中 和久

1.趣旨

農研機構が開発した重点普及成果「イネホールクロップサイレージ(イネWCS)生産体系」の普及を促進し、イネWCSの栄養収量向上による乳牛・肉用牛向け飼料の低コスト化の実現を支援するため、イネWCS生産量日本一の熊本県内(宇城市)に設置した現地実証圃場で、極短穂茎葉型品種「つきすずか」等の収穫・調製実演を行い、県内畜産関係者への本生産体系の普及拡大に寄与します。

2.開催日時

令和2年10月29日(木曜日) 9時30分~11時30分

3.集合場所

JAやつしろ若洲事業所駐車場 (熊本県八代郡氷川町若洲13)
※駐車は無料です。集合場所と実証圃場間は借り上げ車両での移動となります (所要約5分)。

4.概要

  • 集合・移動 9時30分
  • 開会・挨拶 10時00分 農研機構 畜産研究部門 畜産飼料作研究監 野中 和久
  • 株式会社うきうき 代表取締役 川田 健一
  • 圃場説明 10時10分 農研機構 九州沖縄農業研究センター 農業技術コミュニケーター 泉 恵市
  • 作業説明 10時20分 農研機構 九州沖縄農業研究センター 水田作業体系グループ長 高橋 仁康
  • 機械説明 10時30分 株式会社タカキタ
  • 実演開始 10時40分 微細断収穫機での収穫実演、畜草2号添加WCSの開封展示等
  • 実演終了 11時30分 閉会 (借り上げ車両で JAやつしろ若洲事業所駐車場へ移動)

5.参集範囲

九州農政局、熊本県内の行政担当者・畜産農家・大学・農業団体・民間企業・マスコミ等

6. 参加申込

  • 新型コロナの影響を考慮し、ご参加いただける方は熊本県内在住者に限定させていただきます。
  • 参加は無料です。

お申込みフォーム

https://prd.form.naro.go.jp/form/pub/naro01/inewcs

定員

50名
※先着順。定員になり次第、締め切らせていただきます。

その他

  • やむを得ず急遽中止となった場合は、その旨をメールまたは電話にてご連絡いたします。
  • 開催に当たっては、マスク、手指消毒、体温計測等の準備をさせていただきます。また、家畜防疫の観点から消毒槽及び靴カバーを準備いたします。

7.主催等

  • 主催:農研機構
  • 後援:熊本県
  • 協力:株式会社うきうき、株式会社タカキタ

8.連絡先

事務局

農研機構 中央農業研究センター 飼養管理技術研究領域 飼料調製グループ長 鈴木 知之
Tel: 0287-37-7592
E-mail: suzukito(at)affrc.go.jp
※メール送信の際は(at)を@に置き換えてください。

現地検討会当日

農研機構 九州沖縄農業研究センター 地域戦略部 事業化推進室長 桂 真昭
Tel: 090-3327-0736、090-5281-1488