牛海綿状脳症(BSE)Q&A

牛海綿状脳症は、どんな病気なのですか

牛海綿状脳症(BSE:Bovinespongiform encephalopathy)は、 1986年にイギリスで初めて報告された牛の病気です。BSEにかかった牛の脳の神経細胞は空胞化し、 海綿状になることから、牛海綿状脳症と名付けられました。牛がBSEに感染すると、2~8年の潜 伏期間の後、発病し、行動異常や運動失調を示すようになって、2週間から6か月の経過を経て牛は死に至ります。

BSEは、ウイルスより小さい感染因子である「異常プリオン」を含む飼料などを食べることによって感染します。牛同士の接触や空気を介して感染することはありません。

異常プリオンは、BSEにかかった牛の脳、せき髄、眼、回腸遠位部に含まれていることが確認されています。 そのため、国際機関のOIE(国際獣疫事務局)の基準では、これらの部位は特定危険部位とされ、 除去すべき対象になっています。

特定危険部位の図

法人番号 7050005005207