牛海綿状脳症(BSE)Q&A

国はBSEに対して、どのような対策をとっているのですか。

と畜場では、食肉処理を行うすべての牛について、厳格な検査を実施し、感染が認められた牛につい ては、すべて焼却します。また、OIEの基準で危険部位とされている脳、せき髄、眼、回腸遠位部は、BSEの感染 の有無にかかわらず、すべての牛で、解体時に除去し、焼却しています。農場においても、BSEが疑われる牛につい ては徹底した検査を行い、これらの牛については、結果にかかわらず焼却することとしています。この結果、BSEに 感染した牛の肉などが市場や店頭に出回ることは一切ありません。

法人番号 7050005005207