花き研究所

花き研究所イメージ

ピックアップ

切り花の老化生理と品質保持技術

切り花の老化生理と品質保持技術に関する研究を行っています。

白熱電球代替光源選定・導入のてびき

花き類の電照栽培における白熱電球代替光源の選定・導入の際の参考情報になります。

光で花の病害虫を抑制する【紫外線(UV-B)光源の利用の可能性】

UV-Bによる病害防除技術開発の参考のマニュアルになります。

ユリの香りの特徴と香り抑制剤の処理方法 主要産地事例集

ユリの香りの特徴と、香りを抑制する処理方法の産地での事例になります。

トルココギキョウの周年安定生産

トルコギキョウの周年安定生産の阻害要因の解明と対策技術の開発に取り組んでいます。

キクわい化ウイロイド

キクわい化ウイロイドはキクの重要病害です。写真はキクわい化ウイロイドに感染したキク’ミスルトー’の葉です。

花の香りの研究

花が香る仕組みの解明を目的として、生物有機化学的な研究および分子生物学的な研究を行っています。

花が人に与える効果

人が花を見た時の生理学的・神経学的反応を検証しています。花の新しい利用法を開発しています。

キク科植物が橙色花色を作り出す3種類のしくみ

キク科の植物には花弁で橙色を作り出す3種類のパターンが存在します。

キクの花びらが白くなるしくみ

キクの黄色い花びらと白い花びらの違いがどのようにして生まれるのかを遺伝子レベルで明らかにしました。

花の色や形を効率的に変える技術

遺伝子ノックアウト技法(CRES-T法)や重イオンビーム照射を利用した新形質花きの作出を紹介します。

花の大きさと形を決める仕組みを探る

私たちは、植物ホルモン類が花の大きさと形に深く関わっていると考えています。

育成品種

花き研究所で育成した品種の紹介です。ミラクルルージュ・ミラクルシンフォニーの詳細情報も掲載しています。

花き遺伝資源

花き研究所では様々な 花の遺伝資源を管理しています。

新しい花をつくってみよう!

「重イオンビーム照射」による新しい花の作出をバーチャル体験できます。

花持ち性の優れるカーネーション

カーネーションを中心に、病害抵抗性、花持ち性などに関する育種技術の開発、新しい品種群の先駆けとなるパイロット品種の育成を行っている。

農研機構の研究所一覧

各研究所の紹介へ