花き研究所

花の色のしくみ

野山に咲く花には白、黄、赤、紫、青・・と様々な色があります。どれも花粉を運ぶ昆虫や鳥を引きつけるために進化の過程で獲得した形質で、子孫を残すためにきわめて重要な役割を果たしています。一方、花屋で売られている花は、交配による育種(交雑育種)により改良され、花色の幅が広がり、野生の植物には存在しないような色の花も見られます。最近では、遺伝子組換えにより、交雑育種では出来ない花色も作られるようになりました。

花の色は、花弁の細胞に色素が蓄積することにより発現します。また、色素の組成や量だけでなく、細胞のpHや金属イオンの影響などでも色調が異なります。交雑育種や遺伝子組換えで目的の色を持った花を作るためには、それぞれの色がどのようなしくみで出来ているのかを知ることが重要です。ここでは、それぞれの色ごとに、最近の研究成果を織り交ぜて、花の色のしくみを紹介します。

新しい成果が出ましたら、内容を随時追加していく予定です。

色の種類 白色の説明 黄色の説明 淡黄色の説明 橙色の説明 青色の説明 黒色の説明 茶色の説明 模様の説明