果樹研究所

ブドウ・カキ研究拠点

拠点の外観 ブドウ・カキ研究拠点は、その所在地を広島県東広島市安芸津町に置き、温暖で雨の少ない瀬戸内地 方の気候を活かし、カキ、ブドウおよびキウイフルーツなどを対象に全国的・総合的視野で研究を行う機関として設置され、主に、カキ、ブドウの優良品種の育 成、キウイフルーツを含めた遺伝資源の収集と保存、樹体および果実の生理・生態的特性の解明による低コスト・省力・高品質安定生産技術の開発、病原および 害虫の分類・診断・同定、病害虫の防除技術の開発などを主要な研究課題にしております。

アクセス

所在地

〒739-2494 広島県東広島市安芸津町三津301-2
Tel 0846-45-1260(代) Fax 0846-45-5370

交通機関

JR利用の場合

自動車の場合

  • 山陽自動車道「高屋ジャンクション」経由、東広島・呉自動車道「下三永福本インターチェンジ」から 安芸津方面へ 約24分(12Km)。
  • 山陽自動車道「西条インターチェンジ」から 国道2号線方面へ 約41分(21Km)。


より大きな地図で 農研機構 果樹研究所 ブドウ・カキ研究拠点 を表示