果樹研究所

品種育成・病害虫研究領域 侵入病害虫研究ユニット

スタッフ

ユニットリーダー(上席研究員)

中畝 良二 (Ryoji NAKAUNE) ※病害研究ユニットリーダー併任

主任研究員

上地 奈美 (Nami UECHI)

藤川 貴史 (Takashi FUJIKAWA)

研究員

藤原 和樹 (Kazuki FUJIWARA)

契約研究員

長岡(中薗) 栄子 (Eiko NAKAZONO-NAGAOKA)

 

研究内容の紹介

沖縄県や鹿児島県奄美地方に侵入し大きな被害をもたらしているカンキツグリーニング病や、佐賀県や山口県に近年発生したナシの葉を加害する害虫チュウゴクナシキジラミなどの侵入病害虫を対象に、高精度・高感度の検出技術や、効率的な防除技術の研究開発を行っています。また、国内外で問題となっている果樹の病害虫についてもその発生要因の解明や次世代シーケンサー等を用いたゲノム研究にも取り組んでいます。

グリーニング病の効率的な防除技術の開発

カンキツグリーニング病のまん延を防ぐためには、感染樹をすみやかに伐採し、媒介虫であるミカンキジラミの発生防除を行うことが大切です。私たちは、感染樹を高精度に診断するためのさまざまな技術を開発しています。また、ミカンキジラミの防除のための、殺虫剤の散布回数や量を減らす薬剤処理技術の検証もおこなっています。さらに、根絶事業の防除範囲を設定するための感染拡大モデル開発などにも取り組んでいます。

カンキツグリーニング病

ミカンキジラミ
ミカンキジラミ

カンキツグリーニング病原細菌(FISH画像)
カンキツグリーニング病原細菌(FISH画像)

感染樹の果実(左は健全、中央・右が感染樹)
感染樹の果実(左は健全、中央・右が感染樹)

カンキツグリーニング病で枯死したシークワーシャー
カンキツグリーニング病で枯死したシークワーシャー

 

 

 

 


チュウゴクナシキジラミの拡散防止と被害軽減技術の開発

佐賀県や山口県に近年、これまで報告のなかったチュウゴクナシキジラミが発生し、ニホンナシ栽培園で落葉やすす病などの被害が出ています。そこでチュウゴクナシキジラミを効率的に防除するため、発生生態の解明や効果のある薬剤の検討を進めています。また、分子生物学的手法を用いてチュウゴクナシキジラミの侵入経緯や系統を明らかにするための研究を行っています。

チュウゴクナシキジラミ

チュウゴクナシキジラミ発生園のナシ葉被害
チュウゴクナシキジラミ発生園のナシ葉被害


チュウゴクナシキジラミ(冬型成虫)

 





 

国内外で重要な病害虫の発生要因の解明や病原体ゲノム研究

古くから知られているユズのかいよう性虎斑症やモモせん孔細菌病等について、その発生要因の解明や病原体ゲノムの解読についても最新の方法を用いて研究を進めています。 

主要成果

原著論文

  • 長岡(中薗)栄子・藤川貴史・上地奈美・岩波徹:カンキツベインエネーションウイルスによるユズのベインエネーション症状:日本植物病理学会報 81(4), 341-345 (2015)
  • 藤川貴史:特集 新たな侵入病虫害の現状と対策 カンキツグリーニング病の現状と対策:果実日本 70(8月号), 36-41(2015)
  • 藤川貴史:果樹の新技術新発見No.255 早い!簡単!カンキツグリーニング病検出新技術:果実日本 70(6月号), 18-21(2015)
  • 藤川貴史:カンキツグリーニング病の根絶に向けた技術開発の現状 病原細菌の培養による検出感度の向上:JATAFFジャーナル 3(5月号), 10-15(2015)
  • 澤田宏之・清水伸一・三好孝典・篠崎毅・楠元智子・野口真弓・成富毅誌・菊原賢次・間佐古将則・藤川貴史・中畝良二:わが国で分離されたPseudomonas syringae pv. actinidiae biovar3の特徴:日本植物病理学会報 81(2), 111-126 (2015)
  • Fujikawa T : Studies on early and highly sensitive detection of citrus greening pathogenic bacterium : Journal of General Plant Pathology 80, 523-524 (2014)
  • 藤川 貴史 : カンキツグリーニング病原細菌の早期高感度検出技術に関する研究 : 日本植物病理学会報 80(3), 143 (2014)
  • 澤田宏之、三好孝典、清水伸一、中畝良二、藤川貴史:キウイフルーツかいよう病菌の多様性:植物防疫 68(11), 660-667(2014)
  • Fujikawa T, Miyata S, Iwanami T : Convenient detection of the citrus greening (huanglongbing) bacterium ‘Candidatus Liberibacter asiaticus’by direct PCR from the midrib extract : PLOS ONE 8, e57011 (2013)
  • Fujikawa T, Sakaguchi A, Nishizawa Y, Kouzai Y, Minami E, Yano S, Koga H, Meshi T, Nishimura M : Surface α-1,3-glucan facilitates fungal stealth infection by interfering with innate immunity in plants : PLOS Pathogens 8, e54893 (2013)
  • Fujikawa T, Iwanami T : Sensitive and robust detection of citrus greening (huanglongbing) bacterium “Candidatus Liberibacter asiaticus” by DNA amplification with new 16S rDNA-specific primers : Molecular and Cellular Probes 26(5), 194-197 (2012)
  • Katoh H, Inoue H, Uechi N, Fujikawa T, Miyata S, Iwanami T : Analysis of the genetic population structure of Cacopsylla chinensis (Hemiptera: Psyllidae) with mitochondrial DNA markers in Saga and Yamaguchi prefectures, Japan : Japan Agricultural Research Quarterly 48(4), 413-417 (2014)
  • Katoh H, Inoue H, Kuchiki F, Ide Y, Uechi N, Iwanami T : Identification of a distinct lineage of Cacopsylla chinensis (Hemiptera: Psyllidae) in Japan on the basis of two mitochondrial DNA sequences : Journal of Economic Entomology 106 (2), 536-542 (2013)
  • Katoh H, Davis R, Smith MW, Weinert M, Iwanami T : Differentiation of Indian, East Timorese, Papuan and Floridian ´Candidatus Liberibacter asiaticus' isolates on the basis of simple sequence repeat and single nucleotide polymorphism profiles at 25 loci : Annals of Applied Biology 160 (3), 291-297 (2012)
  • 宮田伸一 : カンキツグリーニング病の発生実態と侵入・定着阻止技術 : 果実日本 67(6月号), 75-79 (2012)
  • Nakazono-Nagaoka E, Takemoto T, Fujikawa T, Nakajima K, Uenishi H, Iwanami T : Natural Satsuma Dwarf Virus infection of two woody plants, Daphniphyllum teijsmannii Zoll. ex Kurz. and Viburnum odoratissimum Ker-Gaul. var. awabuki (K. Koch) Zabel near citrus fields : Japan Agricultural Research Quarterly 48(4), 419-424 (2014)
  • 上地奈美:特集 新たな侵入病虫害の現状と対策 クビアカツヤカミキリ(Aromia bungii)の果樹害虫化の可能性:果実日本 70(8月号), 47-50(2015)
  • 上地奈美・宮田伸一・岩波徹 : ミカンキジラミDiaphorina citri 成虫(半翅目:キジラミ科)の定位に対するカラー粘着トラップおよび反射資材の影響 : 日本応用動物昆虫学会誌 58(2), 119-125 (2014)
  • 上地奈美 : 果樹の新技術・新発見(232)難防除侵入病害カンキツグリーニング病を防ぐ~無病苗の定植、広域防除と園地内の防除 : 果実日本 68 (5月号), 28-31 (2013)
  • Uechi N, Yukawa J, Usuba S, Gyoutoku N and Mitamura T : Findings of new cecidomyiid galls induced by Asphondylia segregates (Diptera: Cecidomyiidae) in Japan : ESAKIA (52), 51-57 (2012)
  • Uechi N, Yukawa J, Tokuda M, Taniguchi M : New information on host plants and distribution ranges of an invasive gall midge, Contarinia maculipennis (Diptera: Cecidomyiidae), and its congeners in Japan : Applied Entomology and Zoology 46(3), 383-389 (2011)

特許

藤川貴史、宮田伸一、岩波 徹:2種以上の検出対象生物を同時に検出する方法およびキット:出願番号 特願2014-031958

成果情報

ダイレクトPCR法による迅速で簡便なカンキツグリーニング病の検出法(2013)

高感度と安定性を備えたカンキツグリーニング病の診断用新規プライマーセット(2012)

無病苗定植と圃場内および地域一斉防除によるグリーニング病の発生抑制(2011)

プレスリリース

カンキツ類の重要病害カンキツグリーニング病を迅速で簡便に検出する方法(2014.12)