果樹研究所

カンキツ研究領域 品種育成研究ユニット(興津)

スタッフ

ユニットリーダー(上席研究員)

吉岡 照高 (Terutaka YOSHIOKA)

主任研究員

太田 智 (Satoshi OHTA)

研究内容の紹介

種なし、皮が剥きやすい、じょうのう膜が薄いなど食べやすくて美味しく、早生から晩生のカンキツ品種を育成しています。また、国内外からカンキツの遺伝資源を導入し、保存するとともにその特性を評価しています。さらに、それらの有用形質を利用するための素材を開発しています。

優良品種の育成

レモン新品種「璃の香」は、かいよう病に強く、豊産性の品種です。一般的なレモンに比べやや弱い特有のレモン香があり、まろやかな酸味が特徴です。果肉歩合も高く、緑果から黄色成熟果まで幅広い時期の利用が期待されています。「かんきつ中間母本農6号」は、濃厚な食味が特徴の完全な種なし品種です。果実はやや小さいですが、結実性がよく省力栽培が可能な品種として期待されています。 

かいよう病に強く、豊産性のレモン新品種「璃の香」
かいよう病に強く、豊産性のレモン新品種「璃の香」

省力栽培が期待される、良食味の無核品種「かんきつ中間母本農6号」
省力栽培が期待される、良食味の無核品種「かんきつ中間母本農6号」

 

カンキツ遺伝資源の導入・保存・評価・利用

色、形が様々なカンキツ遺伝資源
色、形が様々なカンキツ遺伝資源

カンキツはもともと亜熱帯性の果樹で、海外にはわが国にはない様々な特性を持ったカンキツ類が存在します。これらを正式に導入し、特性を調査・評価し、保存しています。それらの中から、無核性、機能性成分高含有、耐病性などの特性を持つ新しい素材を見いだし、育種素材の育成を行っています。



主要成果

原著論文 

  • 喜多正幸・山本雅史・稲森博行・坂上陽美・関田俊治・田原章貴・實浩希:鹿児島県奄美群島における在来カンキツ遺伝資源の探索収集:植物遺伝資源探索導入調査報告書 29,107-117(2013)
  • 喜多正幸・金川利夫・宮下千枝子:東京都青ヶ島における在来カンキツ遺伝資源の調査およびDGPSを利用した位置情報の検証:植物遺伝資源探索導入調査報告書 27, 23-33 (2011)
  • Ohta S, Endo T, Shimada T, Fujii H, Shimizu T, Kita M, Kuniga T, Yoshioka T, Nesumi H, Yoshida T, Omura M : Construction of genetic linkage map and graphical genotyping of pseudo-backcrossed F2 (BC’2) progeny to introduce a CTV resistance from Poncirus trifoliata (L.) Raf. into Citrus by introgression breeding. Tree Genetics & Genomes 11,792- (2015)
  • Ohta S, Yano K, Kurita Y, Kita M, Shimizu T, Nesumi H : A Sample Preparation Method for Direct and Non-Direct PCR in Woody Plants : Journal of the Japanese Society for Horticultural Science 82(1), 14-21 ( 2013)
  • Ohta S, Endo T, Shimada T, Fujii H, Shimizu T, Kuniga T, Yoshioka T, Nesumi H, Yoshida T, Omura M : PCR Primers for Marker Assisted Backcrossing to Introduce a CTV Resistance Gene from Poncirus trifoliata (L.) Raf. into Citrus : Journal of the Japanese Society for Horticultural Science 80(3), 295-307  (2011)
  • Ohta S, Kuniga T, Nishikawa F, Yamasaki A, Endo T, Iwanami T, Yoshioka T : Evaluation of Novel Antiviral Agents in the Elimination of Satsuma dwarf virus (SDV) by Semi-micrografting in Citrus : Journal of the Japanese Society for Horticultural Science 80(2), 145-149 (2011)

 

成果情報

かいよう病に強く豊産性のレモン新品種「璃の香」(2014)

カンキツにおけるダイレクトPCR法(2012)

極めて糖度が高く、良食味の中生カンキツ新品種「あすみ」(2012)

 

プレスリリース

かいよう病に強く、大果で酸味がまろやかな レモン新品種「璃の香(りのか)」- 国産レモンの生産拡大に新品種「璃の香」開発 -(2014.5)


その他参考資料

カンキツの育成品種(全育成品種)

カンキツの育成品種

育成品種カタログ(2014年10月2日)