果樹研究所

カンキツ研究領域 虫害研究ユニット(興津)

スタッフ

ユニットリーダー(上席研究員)

望月 雅俊(Masatoshi Mochizuki)

研究内容の紹介

カンキツ害虫を対象に、環境に負荷の少ない防除技術の開発を行っています。
化学農薬に過度に依存しない害虫防除のためには、対象害虫の生態を解明し、適期に適切な方法で防除を行うとともに、害虫が多発しにくい果樹園となるよう環境を整備することが重要です。

土着天敵の活用

カンキツ害虫類の土着天敵には、ハダニ類に対するカブリダニ、ハダニヒメテントウ、ケシハネカクシ、カイガラムシ類に対するテントウムシ類、寄生蜂が知られます。害虫の発生量をこれら天敵により抑えるため、天敵の生態を解明するとともに、その主な生息場所となる下草や防風樹の管理方法を工夫することで、果樹園に天敵が定着してよく働くようにすることを試みています。


イセリヤカイガラムシ雌成虫
イセリヤカイガラムシ雌成虫


イセリヤカイガラの重要天敵ベダリアテントウ(幼虫・蛹・成虫)
イセリヤカイガラの重要天敵ベダリアテントウ
(幼虫・蛹・成虫)