果樹研究所

リンゴ研究領域 栽培生理研究ユニット

スタッフ

ユニットリーダー(上席研究員)

和田 雅人 (Masato WADA)

主任研究員

本多 親子 (Chikako HONDA)

岩波 宏 (Hiroshi IWANAMI)

守谷 友紀 (Yuki MORIYA)

任期付研究員

花田 俊男 (Toshio HANADA)

研究内容の紹介   

リンゴ栽培の省力・軽労化を図るため、着色管理では効果的な摘葉技術の開発、着果管理では効率的な受粉法と摘花・摘果作業法の開発を行っています。また、リンゴの花成、結実、着色に関わる有用遺伝子の単離や機能解析を行っています。

リンゴ栽培の省力・軽労化

自家摘果性品種を用いた省力栽培技術と摘花・摘果作業時間を推定するモデルの開発、ならびに作業を効率的に行う方法を研究しています。また、葉摘み剤の効果的な利用による省力的な着色管理技術の開発や、着色能力の品種間差の評価方法を開発し、効果的な葉摘み時期を調べる研究を行っています。さらにJM台木を利用した低樹高樹形の早期形成法を開発し、低樹高栽培における栽培管理作業の省力・軽労化の検証も行っています。

JM台木を使った側枝形成法によるリンゴ低樹高栽培
JM台木を使った側枝形成法によるリンゴ低樹高栽培

 

リンゴ果皮の着色と温度応答性試験
リンゴ果皮の着色と温度応答性試験


リンゴ有用遺伝子の単離・解析

リンゴの花成に関わる遺伝子の働きを操作し、リンゴを早咲き、四季咲きにすることに成功しました。新品種の開発や病気に強いリンゴの開発の促進が期待できます。また、受粉作業が要らない単為結果性に関わる遺伝子の解析や、リンゴの果皮に蓄積し赤く着色するアントシアニン色素の生合成に関わる遺伝子を単離し、着色の制御機構を解明する研究も行っています。

受粉無しで結実する種なし単為結果リンゴ品種
受粉無しで結実する種なし単為結果リンゴ品種
 

花成遺伝子を導入した四季咲き組換えリンゴ
花成遺伝子を導入した四季咲き組換えリンゴ 

 

主要成果

原著論文

  • Honda et al. Effect of temperature on anthocyanin synthesis and ethylene production in the fruit of early- and medium-maturing apple cultivars during ripening stages, HorScience 49: 1510-1517, 2014
  • Iwanami et al. Efficiency of hand-thinning in apple cultivars with varying degrees of fruit abscission. Horticulture Journal 84:99-105, 2015
  • Iwanami H, Moriya-Tanaka Y, Honda C, Wada M, Moriya S, Okada K, Haji K, Abe K : Relationships among apple fruit abscission, source strength, and cultivar : Scientia Horticulturae 146, 39-44 (2012)
  • Mimida et al. Expression of DORMANCY-ASSOCIATED MADS-BOX (DAM)-like genes in apple. Biologia Plantarum 59:237-244, 2015
  • Mimida N, Komori S, Suzuki A, Wada M : Functions of the apple TFL1/FT orthologs in phase transition : Scientia Horticulturae, 156, 106-112 (2013)
  • Mimida N, LI J, Zhang C, Moriya S, Moriya-Tanaka Y, Iwanami H, Honda C, Oshino H, Takagishi K, Suzuki A, Komori S, and WADA M : Divergence of TERMINAL FLOWER1-like genes in Rosaceae : Biologia Plantarum 56, 465-472 (2012)
  • Mimida N, Ureshino A,Tanaka N, Shigeta N, Sato N, Moriya-Tanaka Y, Iwanami H, Honda C, Suzuki A, Komori S, Wada M : Expression patterns of several floral genes during flower initiation in the apical buds of apple (Malus x domestica Borkh.) revealed by in situ hybridization : Plant Cell Report 30, 1485-1492 (2011)
  • Mimida N, Oshino H, Li J, Zhang C, Takagishi K, Moriya-Tanaka Y, Iwanami H, Honda C, Akira Suzuki A, Komori S, Wada M : Effects of the plant growth regulators on expression of MdTFL1 promoter fused β-glucuronidase(GUS) reporter gene in apple (Malus spp.) tissues in vitro : Plant Biotechnology 28, 503-508 (2011)
  • Tanaka N, Ureshino A, Shigeta N, Mimida N, Komori S, Takahashi S, Tanaka-Moriya Y, Wada M : Overexpression of Arabidopsis FT gene in apple leads to perpetual flowering : Plant Biotechnology 31, 1-10 (2014)

成果情報

その他参考資料

和田雅人・小森貞男:形質転換プロトコール(植物編)「リンゴの形質転換プロトコール」, 化学同人 157-166, 2012

技術紹介パンフレット

リンゴ栽培における省力化のための技術情報:JM台木を利用した低樹高栽培技術「側枝形成法」(独)農研機構 果樹研究所(2011)