果樹研究所

リンゴ研究領域 病害研究ユニット

スタッフ

ユニットリーダー (上席研究員)

伊藤 伝 (Tsutae ITO)

主任研究員

八重樫 元 (Hajime YAEGASHI)

研究内容の紹介

リンゴを主とした寒冷地果樹の病害を対象に、環境に負荷の少ない防除技術の開発を行っています。
化学農薬に過度に依存しない病害防除には、対象病害の発生生態を解明し、適期に適切な方法で防除を行うことが重要です。

マイコウイルスを利用した果樹類紋羽病等の生物防除技術の開発

果樹類の紋羽病は根を腐敗させ、やがては樹全体を枯死させる恐ろしい病気です。本病の病原菌は土壌中に生息するため、化学農薬による防除は容易ではありません。これまでに、白紋羽病菌に感染して菌の病原力(病気を起こす力)を低下させるウイルス(マイコウイルス)をいくつか発見しました。
これらのマイコウイルスを利用して果樹類紋羽病など難防除病害を制御するための技術開発を行っています。

マイコウイルス(メガビルナウイルス)
マイコウイルス(メガビルナウイルス)の粒子

メガビルナウイルスによる白紋羽病菌の病原力低下

ウイルス感染有り
ウイルスフリー菌を接種

ウイルス感染有り
ウイルス感染菌を接種

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病原菌の生態に関する基礎的研究

減農薬病害防除には対象病害の発生生態を解明し、最適防除時期などを明らかにすることが必要です。
そこで、病原菌の分類・生態解明・診断法開発などを行っています。

接ぎ木伝染性病害の病原究明と診断法の開発

高接病などの接ぎ木伝染性病害(ウイルス性病害)はいったん感染すると治療法がありません。これらの防除対策にはウイルスフリーであることを検定した苗木・穂木を使用することが不可欠ですが、なお病原不明のものも残されています。
そこで、これらの病原究明と高精度簡易診断法の開発を試みています。

RT-PCRによるリンゴの2種ウイロイドの検出
RT-PCRによるリンゴの2種ウイロイドの検出


リンゴ奇形果病

主要成果

原著論文

  • Kanematsu S, Shimizu T, Salaipeth S, Yaegashi H, Sasaki A, Ito T, Suzuki N : Genome rearrangement of a mycovirus Rosellinia necatrix megabirnavirus 1 affecting its ability to attenuate virulence of the host fungus : Virology 450-451, 308-315 (2014)
  • Shimizu T, Yaegashi H, Ito T, Kanematsu S : Systemic RNA interference is not triggered by locally-induced RNA interference in a plant pathogenic fungus, Rosellinia necatrix :Fungal Genetics and Biology 76, 27-35 (2015) 
  • Shimizu T, Ito T, Kanematsu S : Functional analysis of a melanin biosynthetic gene using RNAi-mediated gene silencing in Rosellinia necatrix :Fungal Biology 118, 413-421 (2014)
  • Shimizu T, Ito T, Kanematsu S : Transient and multivariate system for transformation of a fungal plant pathogen, Rosellinia necatrix, using autonomously replicating vectors : Current Genetics 58, 129-138 (2012)
  • Yaegashi H, Yoshikawa N, Ito T, Kanematsu S : A mycovirus suppresses RNA silencing in the white root rot fungus, Rosellinia necatrix : Virology 444, 409-416 (2013)
  • Yaegashi H, Nakamura H, Sawahata T, Sasaki A, Iwanami Y, Ito T, Kanematsu S : Appearance of mycovirus-like double-stranded RNAs in the white root rot fungus, Rosellinia necatrix, in an apple orchard : FEMS Microbiology Ecology 83, 49-62 (2013)
  • Yaegashi H, Kanematsu S, Ito T : Molecular characterization of a new hypovirus infecting a phytopathogenic fungus, Valsa ceratosperma : Virus Research 165, 143-150 (2012)

特許

兼松聡子・八重樫元・佐々木厚子・中村仁:白紋羽病防除剤: 出願番号 特願2012-133608

朴 杓允・池田 健一・井上加奈子(以上神戸大)・兼松聡子:細胞質不和合性阻害による糸状菌類へのウイルス導入方法 出願番号 特願 2011-181140