果樹研究所

ブドウ・カキ研究領域 品種育成研究ユニット

スタッフ

ユニットリーダー (上席研究員)

佐藤 明彦 (Akihiko SATO)

主任研究員

河野 淳 (Atsushi KONO)

研究員

尾上 典之 (Noriyuki ONOUE)

研究内容の紹介

ブドウおよびカキの新品種の開発を行っています。また、新品種の開発を効率よく進めるための研究、ブドウおよびカキの遺伝資源の保存・特性調査も行っています。

ブドウの品種育成

降雨が多い我が国の気候に適した、高品質なブドウ品種の育成を目指しています。現在は大粒、種なし栽培可能、かみ切りやすくて硬い食感をもち、裂果性がなく病気に強い品種の育成を目標にしています。また、そのような品種の育成を効率よく進めるために、黒とう病やべと病といった主要な病害に対する耐病性の検定方法や選抜手法の開発、着色性のDNAマーカーの開発を進めています。

カキの品種育成

優良な甘ガキの育成を目指しています。甘ガキには、種子の有無にかかわらず樹上で渋が抜ける完全甘ガキと、種子数によって甘渋が変動する不完全甘ガキがあります。品種育成研究ユニットでは、結実性がよく、裂果性がなく、大果で柔軟多汁な良食味の完全甘ガキの育成に力を注いでいます。完全甘ガキ品種の育成を効率よく進めるために、実がなる前の苗段階の葉を用いて甘渋を識別するDNAマーカーを京都大学、近畿大学と共同で開発して、品種育成に応用しています。

ブドウとカキの育成品種

大粒、種なし栽培可能、
良食味なブドウ品種「シャインマスカット」
大粒、種なし栽培可能、良食味なブドウ品種「シャインマスカット」

シャインマスカットは大粒、種なしのマスカットブドウとして、現在、全国で栽培面積が増加しています。


大果で良食味な渋ガキ品種「太天」
大果で良食味な渋ガキ品種「太天」

「太天」は完全甘ガキ遺伝子を持っているので、完全甘ガキ育成のための有用な交配親にもなっています。

主要成果

原著論文

      • Ban Y, Mitani N, Hayashi T, Sato A, Azuma A, Kono A, Kobayashi S : Exploring quantitative trait loci for anthocyanin content in interspecific hybrid grape (Vitis labruscana × Vitis vinifera) : Euphytica 198, 101-114(2014)
      • Kono,A., Sato A., B. Reisch, L. Cadle-Davidson Effect of Detergent on the Quantification of Grapevine Downy Mildew Sporangia from Leaf Discs : HortScience 50 : 656-660 (2015)
      • Kono A., Nakano M., Suzaki K., Sato A., Mitani N., Ban Y. : The interaction of Elsinoe ampelina with Vitis vinifera : Acta Hort. 1046, 121-126 (2014)
      • Kono A, Sato A, Ban Y, Mitani N : Resistance of Vitis Germplasm to Elsinoe ampelina (de Bary) Shear Evaluated by Lesion Number and Diameter : HortScience 48, 1433-1439 (2013)
      • Kono A, Sato A, Nakano M, Yamada M, Mitani N, Ban Y : Evaluating Grapevine Cultivars for Resistance to Anthracnose Based on Lesion Number and Length : American Journal of Enology and Viticulture 63, 262-268 (2012)
      • MItani.N., Kono A., Yamada M., Sato A., Kobayashi S, Ban Y, Ueno T., Shiraishi M., Kanzaki S., Tsujimoto M, Yonemori K : Application of marker-assisted selection in persimmon breeding of PCNA offspring using SCAR markers among the population from the cross between non-PCNA ‘Taigetsu’ and PCNA ‘Kanshu’ : HortScience 49, 1132-1135 (2014)
      • MItani.N., Kono A., Yamada M., Sato A., Kobayashi S, Ban Y, Ueno T., Shiraishi M., Kanzaki S., Tsujimoto M, Yonemori K : Practical marker-assisted selection using two SCAR markers for fruit astringency type in crosses of 'Taiten' × PCNA cultivars in persimmon breeding : Scientia Hort. 170, 219-223 (2014)
      • Mitani N., Ban Y., Sato A., Kono A. : Tetraploid table grape breeding in Japan : Acta Hort. 1046, 225-230 (2014)
      • 佐藤明彦・山田昌彦・三谷宣仁・岩波宏・上野俊人・白石美樹夫・山根弘康・平川信之・河野淳・伴雄介・吉岡美加乃・中島育子・佐藤義彦・間瀬誠子・中野正明・中畝良二 ブドウ新品種'サンヴェルデ' : 果樹研究所研究報告 17, 19-38 (2014)
      • 佐藤明彦・山田昌彦・三谷宣仁・岩波宏・山根弘康・平川信之・上野俊人・白石美樹夫・河野淳・吉岡美加乃・中島育子・佐藤義彦・間瀬誠子・中野正明・中畝良二 : ブドウ新品種'クイーンニーナ' : 果樹研究所研究報告 15, 21-37 (2013)
      • Sato A, Kono A, Mitani N, Ban Y, Yamada M : Comparison of fruit traits between pollination constant and non-astringent (PCNA) and non-PCNA offspring derived from two backcrosses : Acta Horticulturae 996, 123-126 (2013)
      • Yamada M, Sato A : Two astringent persimmon cultivars released by NARO Institute of Fruit Tree Science, Japan : Acta Horticulturae 996, 145-149 (2013)
      • 山田昌彦・佐藤明彦・山根弘康(元果樹研究所)・三谷宣仁・岩波宏・白石美樹夫・平川信之・上野俊人・河野淳・吉岡美加乃・中島育子 : カキ新品種‘太天’ : 果樹研究所研究報告 14, 39-52 (2012)
      • 山田昌彦・佐藤明彦・山根弘康・三谷宣仁・岩波宏・白石美樹夫・平川信之・上野俊人・河野淳・吉岡美加乃・中島育子 : カキ新品種‘太月’ : 果樹研究所研究報告 14, 25-38 (2012)

品種登録

サンヴェルデ:佐藤明彦ら:品種登録番号第 20821号

クイーンニーナ:山田昌彦ら:品種登録番号第20733号

朱雀錦:山田昌彦ら:品種登録番号第23899号

成果情報

良食味で結実性が良好な晩生の完全甘ガキ新品種「太豊(たいほう)」(2014)

ブドウ果皮のアントシアニン含有量に関与する新規遺伝子座(2014)

欧州ブドウから見出されたブドウ黒とう病の量的抵抗性(2014)

SCARマーカーによるカキ「太月」、「太天」の交雑実生の甘渋性識別(2014)

カキ育種における柔軟・多汁な実生個体の出現率の推定(2012)

病斑数ならびに病斑径によるブドウ黒とう病抵抗性評価法(2012)

秋季の紅葉が鮮やかなカキ新品種「朱雀錦」(2011)

 

プレスリリース

良食味で結実性が良好なカキ新品種「太豊(たいほう)」(2014.10)

その他参考資料

ブドウとカキの育成品種(全育成品種)

ブドウの育成品種

カキの育成品種

品種紹介パンフレット

育成品種カタログ(2014年2月21日)