果樹研究所

ブドウ・カキ研究領域 虫害研究ユニット

スタッフ

ユニットリーダー(上席研究員)

新井朋徳(Tomonori ARAI)

主任研究員

外山晶敏(Masatoshi TOYAMA)

研究内容の紹介

ブドウ、カキなどの果樹害虫を中心に、化学農薬への依存を減らし、環境に負荷の少ない防除技術の開発を行っています。そのために、対象害虫の生態を解明し、適期に適切な方法で防除を行うことや、害虫が多発しないような果樹園の環境を整備することが重要です。

害虫の生態を活用した防除

カキノヘタムシガ幼虫による幼果被害
カキノヘタムシガ幼虫による幼果被害

 

フジコナカイガラムシはカキの果実とヘタの隙間の間に潜り込み、果実表面を黒く汚す「すす病」や、加害部位を赤く変色させる「火ぶくれ症」と呼ばれる被害を発生させます。また、カキノヘタムシガは幼虫がカキ果実を食害し、果実落果を引き起こします。

これら害虫による被害発生時期を解明して効率的な防除時期を明らかにするとともに、フェロモントラップなどを利用して防除時期を予測する技術の開発を行っています。


フジコナカイガラムシの被害

「すす病」の発生
「すす病」の発生

「火ぶくれ症」の発生
「火ぶくれ症」の発生

土着天敵の活用

果樹園内の下草や防風樹およびその周辺環境には、ケシハネカクシやクサカゲロウなど果樹害虫を餌とする多くの天敵類がいます。これらは果樹園で害虫が多発するのを潜在的に抑制したり、害虫が発生した時に速やかに働くことで被害の増加を抑えたりします。このような天敵類を果樹園においてより有効に活用する方法について研究を行っています。

ケシハネカクシ成虫

ケシハネカクシ成虫
ハダニを補食する天敵の一種です。
ヒロヘリアオイラガを捕食する
クサカゲロウの幼虫
ケシハネカクシ成虫
クサカゲロウの幼虫はアブラムシ、カイガラムシ
など多くの害虫を補食する天敵です。

主要成果

原著論文

  • Toyama M, Mishiro K, Nakano R, Ihara F : Developmental response of the brown-winged green bug, Plautia stali (Heteroptera: Pentatomidae), to food shortage : Applied Entomology and Zoology 48, 461-467 (2013)
  • 外山 晶敏・三代 浩二・中野 亮・井原 史雄 : 果樹園における地表徘徊性天敵類を対象としたピットフォールトラップ調査法の検討:トラップ捕獲結果に対する容器サイズの影響 : 日本応用動物昆虫学会 57, 101-108 (2013)

成果情報

その他参考資料

平成23年度 発生予察の手法検討委託事業 適期防除実施判断策定事業調査報告書

平成24年度 発生予察の手法検討委託事業 適期防除実施判断策定事業調査報告書

平成25年度 発生予察の手法検討委託事業 適期防除実施判断策定事業調査報告書