果樹研究所

栽培・流通利用研究領域

領域長

別所 英男(Hideo BESSHO)

領域の概要

栽培・流通利用研究領域では、高品質な果実を低コストで安定的に消費者へ届けられるよう、次のような研究開発を行っています。

地球温暖化は果樹栽培にも様々な影響を及ぼしています。
そこで、このような影響を科学的に解析するとともに、果実の着色不良、春季の発芽不良など温暖化に伴い顕在化している様々な問題に対応するための技術開発を進めています。

また、ニホンナシやモモを対象に、高品質果実の低コスト生産を実現するため、栽培を省力・低コスト化する技術、生理障害の対策技術、果実の鮮度保持技術などを開発しています。

さらに、果実の消費拡大に向けて、リンゴ等における健康機能性の解明を進めているほか、高品質な果実加工品を提供するための新規加工技術の開発を行っています。

温暖化によるリンゴの着色不良
温暖化によるリンゴの着色不良

ニホンナシの受粉作業を省力化する溶液受粉技術
ニホンナシの受粉作業を省力化する
溶液受粉技術

 

所属研究ユニット