果樹研究所

カンキツ研究領域

領域長(興津)

高梨 祐明 (Masaaki TAKANASHI)

調整監(口之津)

塩谷 浩(Hiroshi SHIOTANI)

領域の概要

温州ミカンとオレンジの交配により興津拠点で育成された品種「清見」の原木

温州ミカンとオレンジの交配により
興津拠点で育成された品種「清見」の原木

【カンキツ研究領域興津拠点】

食べやすく機能性に富んだカンキツ類の新品種育成と、高品質な果実を安定的に消費者へ届けられるよう、次のような研究開発を行っています。

これまでに、「清見」をはじめ、「はるみ」、「はれひめ」、「たまみ」、「あすみ」などのカンキツ新品種を育成しました。また、機能性成分を多く含む品種として、「かんきつ中間母本農6号」や「オーラスター」を育成しました。

カンキツ栽培では、気候温暖化が温州ミカンの生育に与える影響の解析や、植物調節剤による浮皮軽減技術の開発などを行っています。

また、ゲノム解析による早期選抜のためのDNAマーカー開発とカンキツ品種の判別、重要遺伝子の機能解析、カンキツ類の品質保持技術、カンキツ類の病害虫被害を軽減する研究などを実施しています。

さらに、果実の消費拡大に向けて、温州ミカンに特に多く含まれる「β-クリプトキサンチン」などの成分の健康機能性との関係解明を進め、疫学調査(三ヶ日町研究)により、温州ミカンの健康増進効果を明らかにしています。

 

【カンキツ研究口之津拠点】

高品質な果実を低コストで安定的に消費者へ届けられるよう、次のような研究開発を行っています。

健康機能性に富み、風味良好で食べやすく、我が国の気候風土にも適して病害虫等にも強いカンキツの新品種を開発しています。

また、高品質なカンキツを省力・低コストで安定的に生産する栽培技術、隔年結果を是正する技術などを開発しています。

さらに、気候温暖化に伴って我が国の主要産地への侵入が警戒されるカンキツの最重要病害、カンキツグリーニング病について、その媒介虫ミカンキジラミの発生予察ならびに防除技術を開発しています。

 

所属ユニット