果樹研究所

リンゴ研究領域

領域長

岩波 徹 (Tooru IWANAMI)

領域の概要

リンゴ研究領域では、高品質で健康増進に役立つリンゴ果実を低コストで安定的に消費者へ届けられるよう、次のような研究開発を行っています。

消費者ニーズに即した良食味で日持ち性に優れる新品種や、省力栽培に適する病害抵抗性のわい性台木を育成しています。また、育種年限を短縮するために、DNAマーカー育種技術の開発を進めています。

低コストで省力的な生産体系を実現するため、わい性台木を利用した低樹高栽培技術の開発、効率的な受粉法と摘花・摘果管理技術の開発、ならびに花芽形成・単為結実性・着色に関与する遺伝的要因の解析などを行っています。

さらに、環境保全を重視した防除体系を構築するため、主要病害虫の生態解明および分類・診断法の開発を進めるとともに、菌類ウイルスや天敵類ならびにフェロモンなどを利用した総合的病害虫管理技術の開発を行っています。

生産量世界第一位となったリンゴ品種「ふじ」の原木
生産量世界第一位となったリンゴ品種「ふじ」の原木

所属研究ユニット