果樹研究所 かんきつ属(Citrus L.)の品種一覧

天草(あまくさ)

果実は扁球形で200g程度。果皮は淡赤橙色で美麗ですが、剥皮性はやや困難で、ナイフでカットしての利用に向いています。果肉は柔軟多汁で風味がいいです。成熟期が12月下旬~1月上旬で豊産性で栽培しやすい品種です。

主要特性

  • 果実は扁球形で200g程度。玉揃いは良いです。果皮は淡赤橙色、滑らかで美麗ですが、剥皮性はやや困難で、ナイフでカットしての利用に向いています。果肉は橙色で柔軟多汁です。
  • 熟期は12月下旬から1月上旬で糖度は12度程度です。連年結実性で比較的栽培しやすい品種です。
  • 陽光面(果実表面の日光の当たる部 分)が褪色しやすいので、対策をとる必要があります。後期落果、果梗部の亀裂がみられるため採収時期には注意が必要です。

天草_果実
「天草」の果実

天草_結実状況
「天草」の結実状況

 

出願番号
(出願日)
公表日 登録番号
(登録日)
育成者権の存続期間
5969
(1993年3月30日)
4596
(1995年8月17日)

(満了日:2013年8月18日)
交配組み合わせ 旧系統名
(清見×興津早生)-No.14×ページ((きよみ×おきつわせ)-No.14×ページ) ・・・ 交雑年:1982年 カンキツ口之津16号

栽培適地

生育期の強風がなくて、温暖な所に適しています。また、施設栽培にも向いています。

農林認定品種(旧:命名登録品種)

登録番号:タンゴール農林5号

登録年月日:1993年7月1日

育成担当者

松本亮司、奥代直巳、山本雅史、浅田謙介、山田彬雄、生山 巖、池宮秀和、村田広野、小泉銘冊、岩波 徹、吉永勝一

発表論文

  1. 果実日本49(3), p60-63(1994) : 新品種の栽培技術「柑橘・天草」
    果実日本52(4), p8(1997) : 話題の品種 柑橘・天草
  2. 果樹試験場報告33,P37-46(1999) : カンキツ新品種 ‛ 天草’