果樹研究所

育成品種紹介

かきのき属(Diospyros L.)の品種一覧

品種の名称公表日概要
豊楽台
(ほうらくだい)
2016年1月28日

わい化効果があり、高生産性で省力栽培が期待できるカキのわい性台木品種です。主要品種である「富有」のわい性台木として活用できます。
麗玉
(れいぎょく)
2015年9月29日

良食味で、種なし果の生産が可能な早生の完全甘ガキ品種です。
太雅
(たいが)
2015年9月29日

良食味で、種なし果の生産が可能な早生の完全甘ガキ品種です。
太豊
(たいほう)
2014年10月28日

良食味で、種なし果の生産が可能な晩生の完全甘ガキ品種です。
八秋
(はっしゅう)
2013年11月22日

「平核無」のわい性枝変わりで種子形成力があり、発芽能力のある種子を獲得できることから、交配母本として利活用できます。
朱雀錦
(すざくにしき)
2011年10月 7日

「朱雀錦」は、紅葉専用品種です。採葉時期が既存の紅葉専用品種より遅く、落葉時の葉の着色は優れており、濃い赤色です。
太月
(たいげつ)
2007年12月21日

「太月」は「黒熊」に「太秋」を交雑して育成した渋ガキです。大果で食味が優れ、収量性の高い品種です。
太天
(たいてん)
2007年12月21日

「太天」は「黒熊」に「太秋」を交雑して育成した渋ガキです。果実成熟期は「富有」とほぼ同時期の晩生で、単為結果力は低いが、種子形成力が高く、結実は安定しています。収量性が高く大果で肉質が軟らかく、すこぶる多汁で食味が優れています。炭酸ガス脱渋により 脱渋し、日持ちが良いです。
貴秋
(きしゅう)
2004年2月 3日

「伊豆」に「安芸津5号」(「富有」×「興津16号」)を交雑して育成した早生の完全甘ガキです。果実成熟期は「伊豆」と「松本早生富有」の中間で、大果です。
甘秋
(かんしゅう)
2002年12月16日

「甘秋」は「新秋」に「18-4(富有×興津 16 号)」を交雑して育成した早生の完全甘ガキです。果実成熟期は「伊豆」と「松本早生富有」の中間で、食味は良好です。
早秋
(そうしゅう)
2001年3月13日

「早秋」は「伊豆」に「109-27」(「興津2号」×「興津 17 号」)を交雑して育成した早生の完全甘ガキである。果実成熟期は「西村早生」とほぼ同時期で、食味良好です。
夕紅
(ゆうべに)
2000年12月22日

「松本早生富有」に「F-2」(次郎×晩御所)を交雑して育成した完全甘ガキです。果実成熟期は「富有」とほぼ同時期の晩生で、果皮色は赤味が強く、食味良好です。

育成者権満了品種一覧

品種の名称公表日概要
太秋
(たいしゅう)
1995年9月14日

「太秋」は、「富有」に「IIiG-16」を交雑して育成した極大果(320g程度)の甘ガキ品種です。果肉は柔軟・多汁です。
錦繍
(きんしゅう)
1995年6月13日

落葉期の葉が鮮やかに紅葉するカキ品種です。落葉時の葉色は鮮やかな赤色で着色期が他のカキ品種よりも早く、着色のそろいも良いことから日本料理の彩り(飾り)として好適です。
丹麗
(たんれい)
1995年6月13日

落葉期の葉が鮮やかに紅葉するカキ品種です。落葉時の葉色は黄色味を帯びた明るい赤色で、他のカキ品種よりも着色期が早く、着色のそろいも良いことから、日本料理の彩り(飾り)として好適です。
陽豊
(ようほう)
1991年11月19日

「松本早生富有」とほぼ同時期に熟する中生の完全甘ガキです。樹勢は中程度、雌花の着生が多く、早期落果、後期落果がともに少ないので豊産性です。
新秋
(しんしゅう)
1991年11月19日

10月下旬に熟する完全甘ガキです。樹勢は中程度、雌花が着きやすく、早期落果、後期落果ともに少ないので豊産性の品種です。
伊豆
(いず)
  早生の完全甘ガキで、10月上中旬に熟します。果実の大きさは「富有」より小さく220~250g程度です。
駿河
(するが)
 
完全甘ガキで、熟期は「富有」より遅く、11月下旬から12月上旬です。果実の大きさは「富有」よりやや小さく、250g程度。肉質は緻密であるが、果汁は少ないです。