果樹研究所

酵素剥皮

酵素剥皮(こうそはくひ)は、果物の皮を酵素で取り除く加工法です。食の簡便化志向が高まる中、酵素による皮むきは果実加工分野での普及と利用の拡大が期待されています。

 

酵素剥皮の紹介

酵素剥皮の紹介
どのような加工法か
知りたい方へ。

酵素剥皮の利点

酵素剥皮の利点
どのような利点があるか
知りたい方へ。

酵素剥皮の工程の紹介

酵素剥皮の工程のご紹介
実際の工程をご覧になりたい方へ。

ウンシュウミカン

ブンタン

カキ

カンキツとカキの工程の違い

良くあるご質問

良くあるご質問
酵素剥皮加工を
新たに始めたい方へ

関連コンテンツ

酵素剥皮の特許・成果情報

剥皮加工関連の資料をお探しの方へ。

農研機構参画の酵素剥皮に関する研究事業

カンキツについては、農林水産省 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 実用技術開発ステージ「酵素剥皮技術の利用を核としたカンキツ果実新商材の開発と事業化方策の策定」(2013-2015年度)で研究を実施した。

カキについては、文部科学省 地域イノベーション戦略支援プログラム都市エリア型(一般)【和歌山紀北紀中エリア】「和歌山の特産果実と独自技術を活用した新機能性食品・素材の開発」(2009-2011年度) および、農林水産省 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業「果実の新市場を創成する食べきり・手間なし「ベビーパーシモン」の生産供給技術の開発」(2011-2013年度)で研究を実施した。