果樹研究所

「ぽろたん」ってどんなクリ?

今までのニホングリは、おいしくても、渋皮がむけ難くて調理が大変でした。そんな悩みを解決したのがぽろたんです。
ぽろたんの最大の特徴は、果実に傷をつけて軽く加熱するだけで、渋皮が簡単にむけることです。
さらに、果実は大きく、甘くて、香りもあって美味しいです。

3種類のクリ
電子レンジ(700W)で2分間加熱後の果実
岐阜1号はチュウゴクグリ、筑波はニホングリ

天津甘栗とちがいは?

天津甘栗
天津甘栗

渋皮がむけやすいクリとしては、「天津甘栗」などが良く知られていると思います。こうした商品に使用されているクリはチュウゴクグリです。
チュウゴクグリは中国原産で、日本原産のニホングリとは種が異なります。

「ぽろたん」の渋皮がむきやすのは、ニホングリとチュウゴクグリを交雑したのですか?という質問をよくいただきますが、「ぽろたん」の祖先は全てニホングリなので、純粋なニホングリと言えます。(系統図)

ぽろたんの系統図
ぽろたんの系統図

ぽろたんの特徴

  • ニホングリなのに、甘栗に使われるチュウゴクグリ並に、渋皮がむけます。
  • 果実は30g程度と大きく、果肉色は黄色で、甘味と香りがよく、美味しいです。
  • 収穫期は、果樹研究所本所(つくば)で9月上中旬です。
  • 果実を半分に切るか切れ目をいれて、95°Cのお湯で3分間ゆでるだけで、簡単に渋皮をむくことができます。
  • 渋皮をむいた後は、そのままクリご飯や菓子などの調理に利用できます。