北海道農業研究センター

概要

沿革

1901(明34):北海道農事試験場を札幌農学校附属第2農場の一部に設置
1925(大14):北海道農事試験場本場(琴似)新庁舎竣工
1942(昭17):北海道農事試験場・北海道庁種畜場・北海道庁種羊場を併合し、北海道農業試験場を設置
1950(昭25):北海道農業試験場(国立)と北海道立農業試験場に分離
1966(昭41):北海道農業試験場は現在地(羊ケ丘)に移転
2001(平13):独立行政法人 農業技術研究機構 北海道農業研究センターに再編
2003(平15):独立行政法人 農業・生物系特定産業技術研究機構 北海道農業研究センター
2006(平18):独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター
2015(平27):国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター

北海道の自然条件と農業の特色

北海道では、広大な土地資源を背景に、夏季は冷涼で日長・日照時間が長く昼夜の温度差が大きいという立地を生かし、大規模な水田作、畑作、酪農が展開されています。北海道の耕地面積は114万7千haで日本の25.5%(平成27年度)を占め、我が国の主要食料生産地となっています。一方、夏季の冷・湿害や冬季の多雪・極低温、泥炭土・重粘土等の特殊土壌など、マイナスの面も持ちあわせています。これらの気象・土地条件を克服し、北海道における農業生産の未来を支える基盤的研究を進めて行くことが必要となっています。

北海道の道央地域は石狩川流域を中心として主に水田作が展開し、また、人口が集中する札幌圏に近いことから野菜類の生産も盛んです。道東・道北地域は典型的な酪農地帯が広がり、釧路・根室・宗谷地方では生乳・乳用牛が農業産出額の多くを占めています。十勝・オホーツク地方では畑作が盛んで、麦類、豆類、てんさい、ばれいしょ等の畑作物、たまねぎなどの野菜が生産されています。道南地域は野菜・果樹生産が盛んで、加えて水田作、畑作および畜産も展開されています。

北海道で生産される主な農作物のうち、小麦、てんさい、ばれいしょ、大豆、小豆、いんげん、そば、たまねぎ、スイートコーン、かぼちゃ、生乳およびなたねの生産量は全国1位となっています(平成27年度)。農業産出額は昭和59年以降継続して約1兆円で推移しています。また、主業農家が7割を占め、1戸あたり耕地面積23.4ha(平成26年度)は都府県平均の14.6倍で、土地資源を活かした専業的な大規模経営が北海道農業の特徴です。

北海道農業研究センターの役割

北海道農業研究センターは、北海道地域の農業・食品産業のさらなる発展に寄与し、国民の皆様に安全で安心な食料を安定的に提供するため、生産現場のニーズに直結する先導的研究開発およびその速やかな普及を図ることを使命としています。第4期中長期計画(平成28~32年度)においては、地域のハブ機能を強化し、生産現場の声を研究方針により反映させる仕組みを整備するとともに、農業関係および異分野の研究機関、行政機関、大学、民間等との連携を進め、成果の最大化を図ります。

国内農業の現場では、営農人口の減少と、それに伴う経営規模拡大の傾向が続いています。また、海外からの輸入農産物との価格競争にも直面しています。こういった課題を解決するため、全国組織を有する農研機構における基盤から応用までの研究基盤の強みを生かして、生産体系革新と競争力の強化に貢献できる新技術を開発し、地域への橋渡し役として、開発技術の速やかな社会実装を目指してまいります。

研究の拠点

札幌(本所)

〒062-8555 札幌市豊平区羊ヶ丘1番地
Tel 011-851-9141(代表)

芽室研究拠点

〒082-0081 河西郡芽室町新生南9-4
Tel 0155-62-2721(代表)

法人番号 7050005005207