北海道農業研究センター

寒地気候変動グループ

我が国を代表する大規模土地利用型農業地帯である北海道は、多くの品目で国内トップクラスの生産シェアを占めますが、寒地にあるため、年々の寒暖の差等の気象変動が他地域と比べても大きいです。そのため、寒地の重要問題である水稲冷害は数年に一度の頻度で生じ、依然としてその対策は必須課題です。さらに、気候温暖化、降雪量の増大や土壌凍結深の減少傾向等の長期的気候変化や極端化する気象変動条件などにより気象災害被害は深刻化しており、適正な畑輪作体系の維持管理にも支障を来し労働力コスト等にも大きな影響が出ています。一方で、気候変動への積極的な適応策として、品種や作目の適用地域の拡大・新規導入も進められはじめています。そのため生産現場では、これら気象災害対策、および、従来と異なる品種・作目の導入に際しては、客観的なデータである気象情報に基づく判断支援が強く求められています。そこで、本課題では寒地における気候変動下での安定生産に資するため、水田作や畑作物・牧草、新規作物に関する気候変動適応策やこれらの気象対応型の対策技術開発の充実化を図ると共に、寒地における気候変動適応策に関わる基礎となる理論・技術の高度化を中心に取り組みます。

メンバー

法人番号 7050005005207